Architectでの廃止予定の変数の使用


非推奨の変数名を含む既存のフローがある場合、これらのフローは引き続き意図したとおりに機能します。ただし、ベストプラクティスでは、現在の変数名を使用するようにフローを更新することをお勧めします。このステップにより、Architect内の推奨されない変数使用法メッセージが防止されます。

このやり方は一般的ではありませんが、Architectは、一貫性を確保したり将来の開発計画を立てるために特定の変数を非推奨にする可能性があります。この表はすべてのArchitect非推奨変数とそれらの更新された変数名をリストしたものです。

廃止予定の変数 現在の変数 
Flow.Campaign Call.Campaign
お問い合わせ Call.Contact
フロー。ContactList Call.ContactList
インタラクション言語 Call.Language

式で非推奨の変数を使用すると、Architectはアプリケーションにメッセージを表示し、使用する優先変数名をリストします。既存のフローと同様に、新しいフローで非推奨の変数を参照しても、Architectは引き続き正常に機能します。ただし、ベストプラクティスは現在の名前を使用することです。

注意:D廃止予定の変数名は、Architectの先行入力機能に表示されなくなりました。非推奨の変数名を入力し始めても、結果のリストには表示されません。

非推奨を含むフローがある場合 インタラクション言語 変数名。現在の変数名への参照をすべて更新することをお勧めします。 Call.Language。この例では、推奨されない変数名のブール式の前後の変数を示します。

より前 より後

Interaction.Language == System.Languages.enUs.tag

Call.Language == System.Languages.enUs.tag