通貨変数を追加する

通貨の値は、通貨の値を表します。 それは 2 つのプロパティを持っています:

  • 通貨プロパティは十進値または NOT_SET の値です。
  • stringプロパティは、3文字のISO 4217コードを保持する文字列です。  

たとえば、次の式は実行時に有効です。

MakeCurrency(10.50,"USD") 

式は 10.50 の通貨価値と「米国ドル」通貨コードを評価します。  

通貨の記号を取得する

通貨には「シンボル」プロパティはありません。 ただしは、正しい通貨記号を取得するのに式を使用できます。

GetCurrencySymbol(MakeCurrency(5.0,”USD”))

この式は$を返します。

タスクシーケンスに通貨変数を追加する

タスクシーケンスでは、[データの更新]データアクションに通貨変数を追加できます。 例えば、  

  1. ツールボックスから、 データ カテゴリとドラッグ データ更新 タスク内の目的の場所へのアクション。
  2. 「データの更新」設計フォームの  フィールドに、アイテムを説明するわかりやすい名前を追加します。
  3. クリック 更新ステートメントを追加する ボタンを押して選択 通貨
  4. の中に 変数名 フィールドに、タスクの変数を識別するためのラベルを入力します。
  5. リテラルモードで値を設定するには、 割り当てる値 フィールド、次の操作を行います。
    1. クリック + または - 希望の値を設定するためのボタン。
    2. 通貨記号ドロップダウンリストの最後にある矢印をクリックして、適切な3文字の通貨値を選択します。
  6. 式を使用して値を設定するには、 割り当てる値 フィールド、式ボタンをクリックして、次のいずれかを実行します。
    • インライン式を追加します。
    • クリック 式を編集 ボタンをクリックして式エディタを開き、式を作成します。
  7. オプションで、他の変数を追加するには、[更新ステートメントの追加] ボタンをクリックします。