Genesys Cloud用のTwitterアプリを作成する

Genesys CloudでTwitterダイレクトメッセージのACDメッセージングを構成する前に、Twitterアプリを作成します。使用 Twitterの開発者サイト Twitterアプリを作成します。 Twitter開発者ポータルには、開発者が作成および管理するために使用できる一連のセルフサービスツールが含まれています アプリ

重要。  Twitterの開発者サイトはサードパーティのサイトであるため、この記事の構成情報に一般的な手順が記載されています。 これらの手順は変更される場合があります。 ベストプラクティスとして、サードパーティの公式ドキュメントを確認し、最新のプロセスに従っていることを確認してください。

開発者アカウントへのアクセスにサインアップする

Twitterアプリを作成するには、 承認済み 開発者アカウント Twitterは、次の3つのレベルの開発者アクセスを提供します。 不可欠 アクセス(Genesys Cloudとの統合には使用できません)、 高度なアクセス、および 学術研究へのアクセス。

注意:  新しい開発者アカウントは、必須のアクセス権で作成されます。 ただし、Twitter開発者ポータルですぐに利用できる無料の昇格アクセスを申請することをお勧めします。 Genesys Cloudプラットフォームは現在、Twitterのv1.1APIを使用したTwitterダイレクトメッセージ統合をサポートしています。 プロジェクトへのアクセスを昇格させたアプリを作成して、さらに続行します。 さまざまなアクセスレベルの詳細については、Twitterの TwitterAPIについて ページ。 すでにTwitter開発者アカウントをお持ちの場合は、ダッシュボードのメインページに移動して現在のアクセスレベルを確認してください。

Twitterアプリを作成する

昇格されたプロジェクトアクセスレベルで開発者アカウントを設定した後、 GenesysCloudで使用するTwitterアプリ。 

注意:  Genesys Cloudとの通信には既存のTwitterアプリを使用できますが、Genesys Cloudで使用する別のアプリを作成することをお勧めします。
アプリを設定するときは、上記の情報に特に注意してください。

キーとトークン

アプリを作成すると、APIキー情報が表示されます。 Genesys Cloud内でTwitter統合をセットアップするときにこの情報を使用する必要があるため、この情報を安全な場所に保存してください。

消費者向けAPIキー

  • APIキー
  • API秘密鍵

アプリを作成したら、アプリのアクセストークンとシークレットを生成する必要があります。アプリを選択し、[キーとトークン]セクションを選択します。  [認証トークン]セクションで、[生成]ボタンを選択して、アクセストークンとアクセストークンシークレットを生成します。  Genesys Cloud内でTwitter統合をセットアップするときにこの情報を使用する必要があるため、この情報を安全な場所に保存してください。

アクセストークンとアクセストークンシークレット

  • アクセストークン
  • アクセストークンシークレット

注意: tを確認してください生成されたokensには、アプリで読み取り、書き込み、およびダイレクトメッセージのアクセス許可が有効になっています。有効になっていないと、GenesysCloudでのTwitterの統合を正常に完了できません。 前のセクションで利用可能な詳細情報。 後でアクセスできないため、アプリの作成中にAPIキーとアクセストークン情報を必ず保存してください。 ただし、アプリのキーとトークンを再生成することはできますが、アプリを使用した既存の統合が機能しなくなる可能性があります。 Genesys Cloudの場合、APIキーまたはトークンを再生成したTwitterアプリとのやり取りを再作成する必要があります。

ユーザー認証設定とアプリの権限

アプリを作成したら、TwitterAPIv1.1で使用するためにOAuth1.0a認証が有効になっていることを確認してください。 Genesys Cloudプラットフォームは、これを使用してDM統合をサポートします。

OAuth 1.0a認証でアプリを有効にするには、 OAuth 1.0a設定、s読み取りと書き込みおよびダイレクトメッセージのアクセス許可を選択します。 このオプションにより、Genesys Cloudプラットフォーム統合は、ダイレクトメッセージを読み取ってエンドカスタマーに投稿できます。

注意: Twitterでは、 コールバックURLウェブサイトのURL [一般的な認証設定]セクションの必須フィールド。 OAuth設定を保存するには、両方のフィールドに任意のURLを入力します。 入力した情報は、TwitterアプリとGenesysCloudの統合には影響しません。 

開発環境をセットアップする

Genesys CloudをTwitterアプリと統合するには、開発環境をセットアップし、アプリを各APIエンドポイントに関連付けます。 で開発環境をセットアップします Twitter開発者ポータル、に行くことによって 製品 >> プレミアム >> 開発環境。 アプリを各APIエンドポイントに関連付けるには、それぞれのセットアップ環境を選択し、開発環境ラベルを作成して、アプリを関連付けます。

  1. アプリ名が、GenesysCloudのTwitterダイレクトメッセージのACDメッセージング用に構成しているTwitterアプリに対応していることを確認してください。 詳細については、を参照してください。 Twitterダイレクトメッセージング用にACDメッセージングを構成する
  2. にラベル情報を入力します 環境名 GenesysCloudOrganizationで新しいTwitter統合を作成するときのフィールド。

注意: Twitter開発ポータルに開発環境が表示されない場合は、アップグレードされた開発者がElevatedasdにアクセスできるかどうかを確認してください。エッセンシャルアクセスでは、開発環境は利用できません。 

Twitterアカウント設定

Genesys Cloud用のTwitterアプリを作成したら、誰でもダイレクトメッセージを受け取るようにビジネスTwitterアカウントを設定することが重要です。 そうしないと、Twitterダイレクトメッセージアプリを使用する顧客は、GenesysCloudのエージェントに連絡できなくなります。 あなたは見つけることができます 誰からのメッセージ要求も許可する Twitterビジネスアカウントの[設定とプライバシー]メニューの[プライバシーと安全]セクションで設定します。