シリーズ: Virtual Edge をインストールして構成する

Virtual Edge を設定


  1. Virtual Edge にログインします。
    VirtualEdgeLogin
    ログインすると、スタートアップ自動スクリプトががペアリング プロセスを完了します。このプロセスには約 2 分かかります。次に、スクリプトにより自動的にログ オフされ、仮想マシン (VM) が再起動します。この時点で、VM は完全にプロビジョニングされ、動作可能になります。

    非常に重要 :システム設定または管理タスクをモニタリングまたは実行するために、VMへ再度ログインしないでください。再度ログインする理由は、静的 IP アドレスを設定することだけです。
  2.  選択した NIC ポートは自動的に名前が変更され、Virtual Edge 専用としてのマークが付けられます。名前が変更された NIC ポートを表示するには、ホスト上で [ネットワーク接続] ウィンドウを開きます。名前が変更された NIC ポートを表示するには、ホスト上で [ネットワーク接続] ウィンドウを開きます。
    NetConnectionsWindow

 


Virtual Edge VM を設定する :前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: Virtual Edge を稼働する