Microsoft Exchange Connectorを構成する


  1. コネクタ詳細 タブをクリックします。
  2. 資格情報で、クリックします 構成、設定 Exchange Serverの追加するユーザーコネクタの資格情報を認証 。
    注意:  サーバー資格情報は、NTLM 認証使用しない場合にのみ必要です。
  3. クリック 設定 タブ。
  4. [プロパティ]に次のデータを入力します。

    この分野で… これを行う…
    リストを作成する
    • に設定 はい または 本当 コネクタがExchangeで配布グループを作成できるようにします。これがデフォルト設定です。
    • に設定 番号 または  コネクタがExchangeで配布グループを作成できないようにします。つまり、Exchangeでグループを手動で作成し、 PureCloudグループメールアドレス]フィールドにグループメールアドレスを入力する必要があります。
    データ同期間隔(分) 同期間の時間を分単位で入力します。このフィールドはオプションです。
    リストを削除する
    • に設定 はい または 本当 PureCloudグループが削除された場合、Exchangeで配布グループを削除するには。これがデフォルトです。
    • に設定 番号 または  PureCloudグループが削除されたときにExchangeで配布グループを削除しないようにしPureCloud 。
    Office 365
    • に設定 はい または 本当 コネクタがOffice 365 Exchange Serverと同期する場合。この設定では、資格情報セクションにユーザー名とパスワードが必要ですが、サーバー名は必要ありません。
    • に設定 番号 または コネクタがオンプレミスのExchange Serverと同期する場合。この設定にはサーバー名が必要ですが、ログイン資格情報は必要ありません。
    SMTPホスト グループのメールアドレスのSMTPホスト名を入力します。このフィールドはオプションです。
    サーバ 前のフィールドがに設定されている場合、ExchangeサーバーのUNC名を入力します 番号 または 。コネクタは、Office 365のExchange Serverと同期する場合は退出このフィールドを空白にして。
    ログファイル名 ログファイルの名前を入力します。
    ログファイルサイズ ログファイルのサイズをメガバイト単位で入力します。デフォルトは200 MBです。
    ログバックアップ 保持するログの数を入力します。
    ログレベル

    ログに含める詳細レベルを選択します。

    • DEBUG - デバッグに最も役立つきめ細かい情報イベント。
    • TRACE - DEBUGよりもきめ細かい情報イベント。
    • 情報 - 粒度の粗いレベルで進行状況を強調する情報メッセージ
    • 警告 - 潜在的に有害な状況に関するメッセージ。
    • ERROR - アプリケーションの実行を継続させる可能性があるエラーイベント。
    • FATAL - アプリケーションを中断させるような重大なエラーイベント。
  5. クリック 下書きを保存 後でこの設定の編集を続けるには、をクリックします。 保存して公開 Bridgeコネクタに設定を送信します。