PureCloud for SalesforceおよびPureCloud for High Velocity Salesを構成する


注意:この記事は、PureCloud for Salesforceに適用されます。

前提条件

  • 高速販売 Salesforce組織で有効になっています。Salesforce問い合わせください。

Lightning ExperienceでSalesforce High Velocity Salesアプリとの統合を使用するには、 PureCloud for SalesforceおよびPureCloudで以下の項目を設定します。

  1. PureCloud for Salesforce 、 高速販売を実現.
    詳細については、 コールセンターの設定
  2. あなたが販売ケイデンスに分岐含まれている販売リズム、自分のコール結果を使用して、あなたの場合(オプション)はラップアップ コードドでキューにPureCloud一致している必要があります。
    重要: 呼び出し結果とラップアップ コードの名前は異なる場合がありますが、同じ間隔でなければなりません。たとえば、統合では、[後で折り返す]と[後で折り返す]は一致と見なされますが、[後で折り返して]と[CallBackLater]では考慮されません。
    詳細については、 分岐の呼び出し結果を定義する Salesforceドキュメントおよび キューにラップアップ コードを追加する

これで、エージェントがセールスケイデンスでコールワークフローを開始し、クライアントでコールを発信できるようになりました。

詳細については、 High Velocity Salesで電話をかける そして PureCloud for Salesforceによる高速販売.

統合について詳しくは、以下を参照してください。 SalesforceのPureCloudについて