Genesys CloudのGoogle Cloud Dialogflow CX Resell統合の設定と有効化

Call Dialogflow CX Bot アクション にアーキテクトでアクセスするには、まずGoogle Cloud Dialogflow CX Resellインテグレーションを追加し、設定する必要があります。 次に、あなたの組織でGoogle Dialogflow CXのリソースにアクセスする許可を与えます。

Google Cloud Dialogflow CX Resellインテグレーションを有効化する。

  1. Genesys Cloudで、Genesys AppFoundryからGoogle Dialogflow CX Resell integration をインストールします。
  2. Admin の下で、Integrations をクリックします。
  3. 統合の一覧から、Google Cloud Dialogflow CX Resell をクリックします。
  4. を選択 詳細 タブ。
  5. 統合をアクティブ化するには、 非活性. Change Statusダイアログが表示され、Google Cloud Dialogflow CX Resellを有効化するかどうか確認されます。
  6. [はい] をクリックします。  ステータスがActive に変更され、統合が有効になります。

Genesys CloudからサービスアカウントのEメールをコピーします。

注意: サービスアカウントのメールを取得するには、Google Cloud Dialogflow CX Resellの統合が有効であることを確認します。
  1. Metadata の下に、サービスアカウントの電子メールが表示されることを確認します。
  2. Service-Account-Email の下で、メールアドレスの横にある、Copy をクリックします。

Google CloudプロジェクトにGenesys Cloudがアクセスできるようにする。

  1. Google Cloud コンソールで、IAM ページにアクセスします。.
  2. 新しいプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトを開きます。
  3. 新しいプリンシパルを追加します。
    1.    [追加] をクリックします。
    2. New principals フィールドに、Genesys Cloud Dialogflow CX Resell統合からコピーしたサービスアカウントの電子メールを貼り付けます。 
  4. 新しいプリンシパルに以下のロールを追加します。
    注意: これらのロールにより、Genesys CloudはGoogle Cloud Dialogflow CXエージェントにアクセスして検索し、実行時にボットを正常に処理することができます。
    • ダイアログフロー API クライアント
    • Dialogflow APIリーダー
    • ダイアログフロー・カンバセーションマネージャー
  5.  保存するをクリックします。