LINEメッセージング用にACDメッセージングを構成する

前提条件:
  • Genesys Cloud User 2、Genesys Cloud User 3、Genesys Cloud Digital Upgrade
  • メッセージング > 統合 > すべて 許可
  • LINEアカウント

Genesys Cloud ACDメッセージングは、顧客がLINEメッセージングを使用してGenesys Cloudを使用しているエージェントと対話する方法を提供します。 ただし、LINEメッセージング用のACDメッセージングを起動して実行するには、LINE開発者アカウントとLINEメッセージングアプリが必要です。 LINEアプリの作成とLINEメッセージング用のACDメッセージングの設定方法は、お持ちのLINE開発者アカウントの種類によって異なります。 

LINEには2種類の開発者アカウントがあります。 標準および承認済み 詳細については、 LINE @アカウント ページ。

アカウントの種類にかかわらず、LINE Messaging用にACDメッセージングを設定するには、複数の手順が必要です。 このプロセスには、LINE DevelopersコンソールとGenesys Cloud間の切り替えも含まれます。 


標準アカウントでLINE MessagingのACDメッセージングを設定するには、LINE Messagingアプリから次の情報を入手する必要があります。

  • チャネル ID
  • チャネル シークレット

チャネルIDとチャネルシークレットを取得する方法の詳細については、Genesys Cloud用のLINEアプリを作成する記事。


チャンネルIDとチャンネルシークレットを取得したら、次の手順を実行します。

  1. 管理をクリックします。
  2. メッセージクリック プラットフォーム
  3. クリック プラットフォームを追加.
  4. クリック 追加する LINEメッセージングタイルで。 [回線メッセージング]ページが表示されます。 
     メモ:   注意:LINEメッセージアイコンの横にあるステータステキストが表示されます 新しい.
  5. の中に [名前]ボックスに、統合に割り当てる名前を入力します。
  6. クリック Webhook URIを生成する。 
  7. とき ウェブフックURI ボックスが表示されたらクリック リンクをコピーする リンクをクリップボードにコピーします。
     メモ:   注意:LINE Messagingアプリの設定を完了するにはWebhook URIが必要です。
  8. の中に チャンネルID ボックスに、LINE Messagingアプリで設定したチャンネルIDコードを入力します。
  9. の中に チャンネルシークレット ボックスに、LINE Messagingアプリで設定したチャンネルシークレットコードを入力します。
  10. 出て スイッチャーの秘密 ボックスは空白です。
     メモ:   注意:標準アカウントはSwitcher機能をサポートしていません。
  11. の中に サポートされているコンテンツ リスト、を選択します サポートされているコンテンツプロファイル。 サポートされているコンテンツプロファイルを選択しない場合、統合ではデフォルトのコンテンツプロファイルが使用されます。
  12.  保存するをクリックします。

プラットフォームページに戻ると、ステータスインジケータに アクティブ LINE Messagingタイルの中。

この時点で、LINE Developersコンソールに戻り、Genesys Cloud用のLINEアプリを作成する記事。

承認済みアカウントを使用してLINE Messaging用にACDメッセージングを設定するには、2つの別々のセッションで手順を実行します。


最初のセッションでは:

  1. 管理をクリックします。
  2. メッセージングクリック プラットフォーム
  3. プラットフォームページで、LINE Messaging行を見つけます。 ステータスインジケータに 切断されました
  4. クリック 構成する LINEメッセージング行。
  5. の中に [名前]ボックスに、統合に割り当てる名前を入力します。
  6. クリック Webhook URIを生成する
  7. クリック リンクをコピーする
  8.  保存するをクリックします。

プラットフォームページに戻ると、ステータスインジケータに 不完全な LINE Messagingタイルの中。

の「承認済みアカウント」セクションの指示に従います。Genesys Cloud用のLINEアプリを作成するWebhook URIの追加と承認のためのアカウントの送信に関する記事。

承認済みアカウントを取得したら、手続きを完了できます。

  1. 管理をクリックします。
  2. メッセージングクリック プラットフォーム
  3. クリック セットアップを終了LINEメッセージング行。
  4. の中に チャンネルID ボックスに、LINE Messagingアプリで設定したチャンネルIDコードを入力します。
  5. の中に チャンネルシークレット ボックスに、LINE Messagingアプリで設定したチャンネルシークレットコードを入力します。
  6. スイッチャー対応の承認済みアカウントを申請した場合は、 スイッチャーの秘密 ボックス。
  7. の中に サービスコード ボックスに、LINEから受け取ったサービスコードを入力します。
  8. の中に サポートされているコンテンツ リスト、を選択します サポートされているコンテンツプロファイル。 サポートされているコンテンツプロファイルを選択しない場合、統合ではデフォルトのコンテンツプロファイルが使用されます。
  9.  保存するをクリックします。

[プラットフォーム]ページに戻ると、 ステータスインジケーターに アクティブ LINEメッセージング行。

LINE Messagingアプリケーションが動作し、LINE Messaging用にACDメッセージングを設定したら、 それならあなたはできます Architectでメッセージフローを設定する。  

免責事項: この記事のサード各自の or 参加者アプリケーション構成情報は、一般的な説明として提供されており、サード各社の or 参加者によって変更されることがあります。 ベストプラクティスは、あなたが最新のプロセスに従っていることを確認するためにあなたがthird-対手 or 参加者の公式文書をレビューすることを勧めます。