入れ子になった呼び出し式エラー


式にフロー内で論理的に処理するには入れ子になった呼び出しが多すぎると、エラーメッセージが返されます。1箇所で60回以上の呼び出しが行われると、式が制限を超えることがあります。

注意:単一の式で呼び出しを深く入れ子にしすぎると、実行時エラーが発生する可能性が高くなります。たとえば、次の式は3回の呼び出し深さです。
Append("abc", Append("abc", Append("abc", "123")))

式に60回以上の呼び出しが含まれていると、システムはそれを処理せず、入れ子になっていることを示すエラーを返します。

このメッセージを受け取った場合は、式またはフロー設計を評価することを検討してください。ベストプラクティスでは、中間式の一時的な結果を保持するために小さい式を作成し、それから小さい式を最終式で使用することをお勧めします。