認証局を設定する


前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可

デジタル証明書は、暗号化によって信頼できる機関を確実に識別します。Genesys Cloudは、2種類のデジタル証明書をサポートしています。マネージドおよびリモート。

マネージド

Genesys Cloud組織の管理デジタル証明書は1つだけで、Genesysによって設定および管理されます。Genesys Cloudは、この管理された認証機関を使用して、Edgeや管理された電話などのコンポーネントに信頼できるTLS接続を作成します。この管理された認証機関により、リモート SIP デバイスは Edge に接続された外部トランクへの安全な接続を信頼し、受け入れることができます。

リモート(R)

Genesys Cloudでは、組織に発行されたデジタル証明書ファイルをインポートすることで、リモート証明書権限を追加できます。これらのリモートデジタル証明書により、Edge はリモート TLS エンドポイントを信頼できます。

注意: 管理された認証機関を追加、編集、削除することはできません。[タイプ] 列では、証明書権限が管理対象またはリモートとして識別されます。

リモート認証機関の追加

リモートデジタル証明書をGenesys Cloudにインポートするには、2つの方法があります。

  1. クリック 管理者
  2. 以下 テレフォニー、クリック 証明書権限s.
  3. クリック 新規作成.
  4. 以下 証明機関の追加、適切なオプションを選択します。
  • クリック ブラウズ
  • .crtファイルを見つけます。
  • クリック 開いた

  • 証明書ファイルの内容をコピーします。
  • コンテンツを 証明機関を入力してください ボックス。


  1. 使用するサービスを選択 リストから適切なサービスを入力または選択します。
  2. クリック 認証局を保存

リモート認証機関の編集

リモート認証局は、サービスを追加または削除することによって編集できます。

  1. クリック 管理者
  2. 以下 テレフォニー、クリック 証明書権限s.
  3. 共通名の横にあるチェックボックスをクリックします。
  4. 編集するをクリックします。
  5. 使用するサービスを選択
    • 既存のサービスを削除するには、サービス タイプを選択して、 削除.
    • 新しいサービスを追加するには、リストから適切なサービスタイプを選択します。
  6. をクリック 証明機関を保存.

リモート認証機関の削除


  1. クリック 管理者
  2. 以下 テレフォニー、クリック 証明書権限s.
  3. C共通名の横にあるチェックボックスをなめます。
  4. クリック 削除する。確認メッセージが表示されます。
  5. クリック OK