コールバック電話番号作成のヒント


Architectでフローを作成するとき、情報をグローバル電話番号に変換するのを助けるために発信者からできるだけ多くのディジットを検索するためにそれを設定することは最も有用です。ほとんどの場合、呼び出し側にプロンプトを表示すると、目的の番号が確実に収集されるようになります。フロー作成者は、プロンプトキューを通じて、発信者が入力した桁数が、ダイヤルコードと加入者番号の長さを超えないようにします。次に、作成者は、カスタマーが入力した番号を取得して新しい電話番号を作成し、それをグローバル番号に変換する電話番号データ型を設定できます。

電話番号が使用されている場所で、カスタマーが入力した番号をグローバル電話番号に変換すると、次のような大きな利点があります。

  • 再生時に電話番号の正確な実行時処理が行われる
  • コールバックの試行中に正しい電話番号が呼び出される

たとえば、カスタマーが入力した電話番号の文字列に「+」が存在しない場合、その文字列は市内の電話番号として扱われ、実行時の動作結果が制限される可能性があります。 “ +”は、それに続く次の1から3桁の数字が、抽出されたときにグローバル電話番号を作成する電話番号のダイヤルコードを示すことをシステムに伝えます。

以下のシナリオは、フローの作成者にウェイの洞察を提供します Call.Ani Phone Numberデータ型で使用して、最も使用可能な電話番号文字列の取得を構築できます。

注意:ここでの例は “tel” の電話番号に当てはまります。

フロー構成中に、フロー作成者は以下のことを行います。

  1. Cをつける Flow.CustomerInput 変数。
  2. 発信者からの電話番号入力を要求するためのプロンプトを作成します。例えば、「10 桁の電話番号を入力してください」など。
  3. を設定します。 電話番号 次の式の例を使用して最良の電話番号を抽出し、コールバック番号を作成するためのデータ型。
ToPhoneNumber(Append("tel: +",ToPhoneNumber(Call.Ani).dialingCode, Flow.CustomerInput)

コールがフローに入ると:

  1. Call.Ani 発信者の発信電話番号「tel:+13175550116」を取得します。
  2. 得意先は3175550116と入力します。Architectはその中に保管します。 Flow.CustomerInput
  3. システムは、フロー設定中に作成された電話番号データ型から適切なコールバック番号を抽出します。


フロー構成中に、フロー作成者は以下のことを行います。

  1. Cをつける Flow.CustomerInput 変数。
  2. 発信者からの電話番号入力を要求するためのプロンプトを作成します。例えば、「10 桁の電話番号を入力してください」など。
  3. を設定します。 電話番号 次の式の例を使用して最良の電話番号を抽出し、コールバック番号を作成するためのデータ型。
ToPhoneNumber(Append(Substring(Call.Ani, 0, Length(Call.Ani)-Length(Flow.CustomerInput)), Flow.CustomerInput))

コールがフローに入ると:

  1. Call.Ani 発信者の発信電話番号「tel:+13175551000」を取得します。
  2. 得意先は3175550116と入力します。Architectはその中に保管します。 Flow.CustomerInput
  3. システムは、フロー設定中に作成された電話番号データ型から適切なコールバック番号を抽出します。
  4. 変換された結果は、「tel:+ 13175550116」の生のプロパティを持つ電話番号をもたらします。

式がtel:+1″をどのように使用するかに注目してください Call.Ani 次に、カスタマーが入力した「3175550116」を追加してグローバル電話番号を作成します。


シナリオBと同様に、カスタマーはさらに少ない桁数を入力します。同じ表現を使っても、フロー作成者は最も使用に適した電話番号文字列を構築できます。

フロー構成中に、フロー作成者は以下のことを行います。

  1. Cをつける Flow.CustomerInput 変数。
  2. 発信者からの電話番号入力を要求するためのプロンプトを作成します。例えば、「10 桁の電話番号を入力してください」など。
  3. を設定します。 電話番号 次の式の例を使用して最良の電話番号を抽出し、コールバック番号を作成するためのデータ型。
ToPhoneNumber(Append(Substring(Call.Ani, 0, Length(Call.Ani)-Length(Flow.CustomerInput)), Flow.CustomerInput))

コールがフローに入ると:

  1. Call.Ani 発信者の発信電話番号「tel:+13175551000」を取得します。
  2. 得意先は5550116を入力します。Architectはその中に格納します。 Flow.CustomerInput
  3. システムは、フロー設定中に作成された電話番号データ型から適切なコールバック番号を抽出します。
  4. 変換結果は 「tel:+ 13175550116」の未加工プロパティを持つ電話番号。

式がどのように「tel:+1317」を使用しているかに注目してください。 Call.Ani 次に、カスタマーが入力した「5550116」を追加して「tel:+13175550116」というグローバル電話番号を作成します。