分析応答ページを呼び出す(見出しなし)

このページから、管理者はGenesys Cloud Edgeが以下に基づいて実行するアクションを定義します。 コール分析 非プレビューキャンペーンの結果。 たとえば、管理者は、コール分析で、留守番電話が実際の人物ではなく回答したことを検出したときに切断するようにEdgeを設定できます。

call-analysis-responses

この機能を設定するために、発信管理者はコール分析応答エントリを定義します。 管理者は、コール分析応答をキャンペーンに割り当てます。 キャンペーンを起動すると、システム テーブルに送信その応答Edge 、それにキャンペーンのコール分析結果を処理する方法を伝えます。 各キャンペーンには独自のコール分析応答アクションを設定できます。

このビューを並べ替えるには、名前の列をクリックします。 [名前] の見出しにある三角形は、列が昇順と降順のどちらで並べ替えられるかを示しています。 リストをフィルタリングするには、名前の全部または一部を[ サーチ ボックス。 検索テキストを入力しなかった場合は、すべてのエントリが表示されます。

ビュー内の列

   説明
チェックボックス 最初の列のチェックボックスをオンにすると、管理者は編集や削除などの操作によって処理する項目を選択できます。
名前 各エントリの名前は、そのエントリのプロパティを開くハイパーリンクです。 エントリのリストをフィルタするには、タイトルの全部または一部を サーチ ボックス。

手続き

前提条件

 以下の権限

  • アウトバウンド > レスポンスセット > 追加する
  • アウトバウンド > レスポンスセット > 削除する
  • アウトバウンド > レスポンスセット > 編集する
  • アウトバウンド > レスポンスセット > 見る
  • Architect > フロー > 検索

    1. 管理をクリックします。 

    2. 発信ダイヤルクリック 呼解析応答

      コール分析ビューを図します。

    3. [新規作成] をクリックします。  

    4. に固有のわかりやすい名前を入力します。 コール分析応答名 ボックス。 この名前は、スペースや特殊文字を含めることができますが、一意である必要があります。

      図は、コール分析応答エントリに名前を付ける方法を示しています

    5. 各通話分析結果に対して、システムが実行するアクションを選択します。

      • 電話を切る 通話を切断します。

      • 転送 次に利用可能なエージェントが応答できるように、キャンペーンのキューに通話を返します。

      • 送信フローへの転送 選択したアウトバウンドフローに転送します。 事前に送信フローを作成します。 Architect。 

    6. ライブ音声と留守番電話をシステムで区別したくない場合は、クリックします留守番電話検出を無効にする. コールが接続されると、システムはマシンを評価せずにそれを転送します。
    7. あなたは、転送を選択した場合はオプション 、システムが遅延したい応答ボイスメールビープ音の後まで、クリックを ビープ音検出を有効にする.
      ノート: 
      • あなたは、あなたなしの答えを拡張することもできますタイムアウトでキャンペーンによると、60秒デフォルトビープ音を検出するために、60秒を待つために携帯電話の呼び出し音の設定。
      • Architectでは、 沈黙を検出 そして 無音でオーディオを再生する コールフローのアクションを使用して、ライブまたはボイスメールのスピーチを検出し、フローの進行方法を決定します。
    8. 各コール分析結果にアクションを割り当てた後、をクリックしてください。 保存する

      create_call_analysis_response_save

 メモ:   新しいコール分析応答が最大制限数1000を超えると、エラーメッセージが表示されます。 必要に応じて古いまたは古くなった通話分析応答を削除して[]をクリックします。 保存する 新しいコール分析応答設定を完了するために再度。

  1. 管理をクリックします。 

  2. 発信ダイヤルクリック 呼解析応答

  3. のリンクをクリックし 名前 プロパティを表示する列。

    図は、エントリ名を開いて編集するためにクリックする場所を示しています

    図は、エントリのプロパティを表示します。

  4. オプションエントリの名前を変更するには、 コール分析応答名 ボックス。 この名前は、スペースや特殊文字を含めることができますが、一意である必要があります。

  5. 下 応答アクション、必要に応じて、コール分析結果の別のアクションを選択します。

    • 電話を切る 通話を切断します。

    • 転送 次に利用可能なエージェントが応答できるように、キャンペーンのキューに通話を返します。

    • 送信フローへの転送 選択したアウトバウンドフローに転送します。 事前に送信フローを作成します。 Architect

  6. (オプション)システムでライブの音声と留守番電話を区別したくない場合は、をクリックします。 留守番電話検出を無効にする。 コールが接続されると、システムはマシンを評価せずにそれを転送します。 
  7.  保存するをクリックします。

  1. 管理をクリックします。 

  2. 発信ダイヤルクリック 呼解析応答

  3. 複製する各エントリの最初の列にあるチェックボックスをオンにします。 コピー コマンドにより、選択した各項目が複製されます。

    図は、削除のために選択したエントリを示しています

  4. クリック コピー.

    図は、マークされた項目を複製するために使用するボタンを示しています

    システムは選択された項目を複製し、各コピーの名前に「 - copy」とそれに続く番号を追加します。

    図は、コピー操作の結果を示しています。

回答がキャンペーンに割り当てられていない場合、管理者は回答を削除できます。

  1. 管理をクリックします。 

  2. 発信ダイヤルクリック 呼解析応答

  3. 削除する各項目のチェック ボックスを選択します。  

    図は、削除のために選択したエントリを示しています

  4. [削除] をクリックします。 

    図は、削除ボタンを示しています

  5. 削除の操作を確認するよう指示されたら、[はい] をクリックします。    選択した項目が削除されるか、エラー メッセージが表示されます。

    図削除の確認プロンプトが表示されます。

  1. 管理をクリックします。 

  2. 発信ダイヤリングクリック キャンペーン管理.

  3. クリック キャンペーン タブ。

  4. コール分析応答エントリを割り当てるキャンペーンを見つけて、ステータス列を確認します。 実行中のキャンペーンのプロパティは変更できないため、キャンペーンが有効 (オン) になっていたら、無効 (オフ) にします。

    図は、キャンペーンが起動しているかを確認する方法を示しています。

  5.   キャンペーンのプロパティを編集するには、キャンペーンの名前をクリックします。

    図は、キャンペーンのプロパティを開く方法を示しています

  6. コール応答リストから、キャンペーンに割り当てるコール応答セットを選択します。 選択を絞り込むには名前の全部または一部を入力するか、すべてのエントリを一覧表示するにはボックスを空白のままにします。

    図は、コール分析応答セットを選択するためのコントロールを示しています

     メモ:    コール応答リストが空白の場合、[キャンセル] をクリックし、コール分析応答の新規エントリを作成します。  その後に、ここでの手順を使って、エントリをキャンペーンに割り当てます。

  7.  保存するをクリックします。

  8. キャンペーンが以前実行されていた場合、[ステータス] 列でキャンペーンを有効にして再開します。  コール応答セットの割り当ては、キャンペーンが実行され、ダイヤルするレコードが選択されるまで有効になりません。