シリーズ: 上級ユーザー向けの Architect チュートリアル

上級レッスン:アウト バウンド コール フローを作成します。


アウトバウンドダイヤルキャンペーンに関連付けるアウトバウンドコールフローを作成します。ダイヤルキャンペーンは、規定のルールセットに従って人々のリストに連絡し、連絡先リストから読み取った情報に基づいて電話をかけます。 Architectでアウトバウンドコール フローを作成するときは、既存の連絡先リストとデフォルト ラップアップ コード含める必要があります。ただし、これらのデフォルト設定は、コールフローの[Outbound Call Flow]ページの[Settings]領域で編集できます。

注意:このレッスンでは、アウトバウンドコールフローを作成および編集する方法を学び、Call Bridgeアクション、Collect Input、Collect Inputなどのアクションを使用します。 決定ACDに転送、そして オーディオを再生

目的

今後の歯科検診をユーザーに思い出させるためのアウトバウンドコールフローを作成する

所要時間:25 分

前提条件

  • あなたが持っていることを確認してください 発信連絡先リストビュー あなたの役割に割り当てられた許可。この権限により、以前に作成したアウトバウンドダイヤル連絡先リストから選択できます。
  • あなたはルーティングラップアップコードビューを持っていることを確認権限あなたに割り当てられた役割 。これは、 権限 、あなたは、事前に定義されて選択することができますラップアップ コードド。
  • 連絡先リストがあなたの使用のために作成されていることを確認してください。たとえば、予定。
  • ラップアップ コードが作成されていることを確認してください。たとえば、1 ヶ月にかけ直します。
  • Bridge サーバー、インストール済みコネクター、および定義済みの Bridge・アクションへのアクセスを確認してください。これらの構成の作成および管理インターフェイス内で管理します。
  • 見直し アウトバウンドコールフローを操作する

追加のリソース

タスク


  1. Architectホームページから、 発信コールフロー タブ。
  2. このコールフローをさらに説明するために、一意の名前と、必要に応じて短い文またはフレーズを含む、新しいアウトバウンドフローを追加します。この例では、発信コールフローに名前を付けます。 予約リマインダ
  3. クリック 連絡先リスト ドロップダウンリストをクリックして、発信コールフローに関連付ける連絡先リストを選択します。この例では、 予定 連絡先リスト
  4. クリック デフォルトのラップアップコード ドロップダウンリストから目的のラップアップ コードを選択して、発信コール フロー ラップアップ コードに関連付けコール フロー 。この例では、 1か月後に折り返し
  5. クリック フローを作成。フローの [アウトバウンド コール フロー] ページが開きます。


  1. 再利用可能なタスクを作成し、タイトルを付けます あなたの健康診断の時間開始タスクとして設定します。
  2. の中に 初期の挨拶 ボックス、プロンプトを録音する、または発信者に挨拶するためのTTSを追加します。

こんにちは、これはあなたのPureCloud歯科検診リマインダーです。

  1. タスクを編集をクリックします。


Call Bridgeアクションを追加して設定し、開始タスクの構築を開始します。これにより、自分の電話番号に基づいてカスタマーの情報が取得されます。

  1. をドラッグ Call Bridgeアクション タスクエディタに入り、タイトルを付けます カスタマー情報を入手する
  2. ブリッジアクションを含むカテゴリを選択してください。この例では、以前に設定したものを選択します。 カテゴリー1
  3. カスタマーデータベースを含むブリッジアクションを選択します。この例では、以前に設定したものを選択します。 DentalZendeskAction
  4. の中に 入力 この例では、構成済みのBridge サーバー、インストール済みのコネクタ、および定義済みのブリッジアクションに直接関連付けられています。
    1. の中に 電話番号 ボックス、タイプ Call.Ani 発信者の電話番号をCRMに問い合わせます。
    2. の中に CustomAttribute、タイプ 予約日これは、CRM発信者の次回の予定されている歯科清掃を照会する、以前に構成された属性です。
  5. の中に アウトプット エリア、 お問い合わせ先CustomAttribute 箱タイプ Task.zendeskappointment



ここでは、予定が取得されたかどうかを確認し、予定を有効な日時文字列に変換します。

  1. をドラッグ 決定 Call Bridgeアクションの成功パスの下にあるタスクとタイトル datetime文字列を取り戻しましたか?
  2. [式]ボックスで、式モードに切り替えて式を追加します。

!IsNotSetOrEmpty(Task.zendeskAppointment)

  1. をドラッグ データ更新 決定アクションの下のアクション はい パスを入力して次の操作を行います。
    1. アクションに名前を付ける 文字列を日時に変換する
    2. の端にある矢印をクリック 更新ステートメントを追加する ドロップダウンリストと選択 日時型
    3. の中に 変数名 ボックス、タイプ Task.AppointmentDateTime
    4. の中に 割り当てる値 ボックス、式モードに切り替えて入力 

AddHours(ToDateTime(Task.zendeskAppointment)、5)


次に、システムが発信者へのアポイントを読み取り、それを確認または再スケジュールするためのオプションを提示するようにフローを続行します。

  1. をドラッグ 入力を集める 「データの更新」アクションの下にあるアクションとそれに名前を付ける 発信者と日時を確認する
  2. の中に 入力オーディオ ボックスで、オーディオシーケンスエディタボタンをクリックして、次の操作を行います。
    1. の中に スピーチへのテキスト ボックス、タイプ 次のクリーニングの予定があります
    2. クリック データを追加 ボタンと[データ]ボックスに Task.AppointmentDateTime
    3. の端にある矢印をクリック オプションを選択 ドロップダウンリストと選択 日時
    4. クリック TTSを追加 ボタンとText to Speechボックスにタイプ 1を押して予約を確定するか、または2回押してクリーニングを再スケジュールします。 次に閉じるをクリックします。
  3. の中に 入力データ名 フィールド、タイプ Task.AppointmentConfirmationInput
  4. 桁数で、クリックします。 完全に変更 スライダーを左に動かす 正確に1桁
  5. 残りの設定は変更しないでください。


発信者が自分の予定を確認したときに従うパスを続行します。

  1. をドラッグ 決定 データ更新アクションの下のタスク 成功 パスとタイトル 予約を確認するか、スケジュールに転送しますか。
  2. の中に ボックス、式モードに切り替えて式を追加 Task.zendeskAppointment
  3. をドラッグ オーディオを再生 決定アクションの下のアクション はい パスとタイトル 予約が確定しました
  4. オーディオシーケンスエディタボタンをクリックし、[オーディオシーケンスの編集]ダイアログボックスで次の操作を行います。
    1. Text To Speechボックスに次のように入力します。 ありがとう、お会いできるのを楽しみにしています
    2. クリック データを追加 ボタンと[データ]ボックスに Task.AppointmentDateTime
    3. の端にある矢印をクリック オプションを選択 ドロップダウンリストと選択 日時
    4. クリック TTSを追加 [音声合成]ボックスに「入力」ボタンをクリックします。 すてきな一日を!をクリックし、次にクリックします。 閉じる
  5. をドラッグ 切断する Play Audioアクションの下のアクション。


予定を確認するために発信者が1を押さない場合のパスを設定します。

  1. をドラッグ ACDに転送 タスクエディタにアクションを入力して、タスクエディタのパスの一番下の真上に配置します。ここで、呼び出し元の失敗の日時を確認するパスと日付文字列が返されましたか?のパスはありません。

TransferToACD

  1. タイトルを付ける 予約スケジュールへの転送
  2. の中に 転送前オーディオ ボックス、追加 誰かがまもなくあなたと一緒になります TTSまたは録音されたプロンプトとして。
  3. の中に キュー ドロップダウンリストから適切なキューを選択します。この例では、 予約のスケジュール
  4. 残りの設定は変更しないでください。


コールフローで入力エラーが発生したときに使用するパスを設定します

  1. をドラッグ ACDに転送 予定への転送スケジュールアクションの下のアクション 失敗 パスとタイトル カスタマーサービスへの転送
  2. [転送前の音声]ボックスに、 カスタマーサービスにお送りします。しばらくお待ちください。 TTSまたは録音されたプロンプトとして。
  3. [キュー]ドロップダウンリストで、適切なキューを選択します。この例では、 カスタマーサービス
  4. 残りの設定は変更しないでください。

タスクを終了する

  1. をドラッグ メニューへジャンプ タスクエディタの下部にある最後のスペースにアクションを入力します。
  2. タイトルを付ける 転送に失敗しました
  3. 選択する メイン メニューを開き、フローを検証して保存します。


練習

今ではあなたの番です。自分の環境にあったアウトバウンド コール フローを作成してみてください。追加の支援が必要な場合は、対応するタスクの説明とサポートビデオを参照してください。