PureCloud組み込みクライアントの管理者要件


注意:この記事は、PureCloud埋め込みフレームワーク、Chrome用のPureCloud、Firefox用のPureCloud、PureCloud、およびSalesforce、およびPureCloud forXABYXZZZZZに適用されます。

注意:シングル サインオンを使用するには、シングル サインオン ID プロバイダーがシングル サインオン リダイレクト ウィンドウの組み込みを許可している必要があります。そうでない場合は、クライアントが読み込まれません。画面に空白エリアが表示され、コンソールにエラー メッセージが表示されます。

以下の内容は、Chrome用PureCloudおよびFirefox用PureCloudに適用されます。

拡張機能を実行するには、以下の項目が必要です。

  • ChromeまたはFirefoxの最新バージョン。
  • Chrome用PureCloudまたはFirefox用PureCloudのインストール。
  • PureCloud(Communicate以上)のユーザーごとのライセンス。
  • PureCloud で以下の権限が各エージェントに対して選択されています:
    ノート
    • PureCloudでアクセス権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 統合は PureCloud でユーザーに割り当てられた役割ではなく権限を探します。権限により管理されている項目がエージェントに対してアクティブになっていない場合、エージェントの権限を確認します。

    • 自動呼分配(ACD)画面共有 > セッション > 表示(オプション)

      この許可により、エージェントはACD対話を画面共有することができます。

    • 分析 > 会話集計 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはエージェントパフォーマンスウィンドウで会話の統計を見ることができます。

    • アナリティクス > キュー監視 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントは、キューに連絡する前、または対話をキューに転送する前に、キューの統計を見ることができます。

    • アナリティクス > ユーザー集計 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントは[エージェントパフォーマンスウィンドウでユーザ統計を確認することができます。

    • 会話 > 通話 > 録音(オプション)

      この権限により、エージェントのクライアントの呼制御で[録音]アイコンがクリック可能になります。

    • [会話] > [着信の転送] > [編集](オプション)

      この権限はエージェントにコール転送を使用し、編集する機能を与えます。

    • 会話 > コールバック > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはコールバックをスケジュールすることができます。

    • 会話 > Eメール > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってEメールを送信することができます。

    • 会話 > メッセージ > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってSMSメッセージを送信することができます。

    • 発信 > 連絡先 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはアウトバウンドダイヤリングのためのスクリーンポップを見ることができます。

    • ルーティング > エージェント > オンキュー(オプション)

      この権限により、キュー上はエージェントのクライアントのステータスとして表示されます。

    • ルーティング > キュー > 結合(オプション)

      この権限があれば、エージェントはどのキューのメンバーであるかを見て、クライアントでどのキューからインタラクションを受信するかを選択できます。

    • スクリプター > 発行されたスクリプト > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはスクリプトを見ることができます。

    • ボイスメール> ;ボイスメール> ;受信(オプション)

      この権限により、エージェントは個人のボイスメールを受信できます。

統合を実行するには、以下の項目が必要です。

  • インターネットブラウザ(Chrome、Firefox、インターネット エクスプローラ、Microsoft Edge、またはSafariの最新バージョン)。

    クライアントでWebRTC電話を使用するには、ブラウザのポップアップブロッカーをオフにしてください。

    注意:Internet Explorer、Microsoft Edge、およびSafariは、WebRTC電話または画面共有をサポートしません。

    Internet Explorerユーザー

    • あなたはthird-相手 or 参加者クッキーを有効にする必要があります。見る Internet Explorer設定 手順については、Salesforceドキュメントを参照してください。

    • 1つのブラウザタブで統合を実行するだけです。それ以外の場合は、関連付けおよびインタラクションログで予期しない結果が発生します。

  • PureCloud(Communicate以上)のユーザーごとのライセンス。
  • PureCloud Embeddable Framework統合がインストールされています(プライベートバージョンのみ)。見る 統合を追加する
  • PureCloud組織に追加されたOAuthクライアント(プライベートバージョンのオプション)。見る OAuthクライアントを作成する
  • PureCloud で以下の権限が各エージェントに対して選択されています:
    ノート
    • PureCloudでアクセス権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 統合は PureCloud でユーザーに割り当てられた役割ではなく権限を探します。権限により管理されている項目がエージェントに対してアクティブになっていない場合、エージェントの権限を確認します。

    • 自動呼分配(ACD)画面共有 > セッション > 表示(オプション)

      この許可により、エージェントはACD対話を画面共有することができます。

    • 分析 > 会話集計 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはエージェントパフォーマンスウィンドウで会話の統計を見ることができます。

    • アナリティクス > キュー監視 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントは、キューに連絡する前、または対話をキューに転送する前に、キューの統計を見ることができます。

    • アナリティクス > ユーザー集計 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントは[エージェントパフォーマンスウィンドウでユーザ統計を確認することができます。

    • 会話 > 通話 > 録音(オプション)

      この権限により、エージェントのクライアントの呼制御で[録音]アイコンがクリック可能になります。

    • [会話] > [着信の転送] > [編集](オプション)

      この権限はエージェントにコール転送を使用し、編集する機能を与えます。

    • 会話 > コールバック > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはコールバックをスケジュールすることができます。

    • 会話 > Eメール > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってEメールを送信することができます。

    • 会話 > メッセージ > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってSMSメッセージを送信することができます。

    • 統合> ;カスタム埋め込み可能フレームワーク> ;エージェント(プライベート展開のみ)

      この権限により、エージェントはプライベートPureCloud Embeddable Framework統合にアクセスできます。

    • 発信 > 連絡先 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはアウトバウンドダイヤリングのためのスクリーンポップを見ることができます。

    • ルーティング > エージェント > オンキュー(オプション)

      この権限により、キュー上はエージェントのクライアントのステータスとして表示されます。

    • ルーティング > キュー > 結合(オプション)

      この権限があれば、エージェントはどのキューのメンバーであるかを見て、クライアントでどのキューからインタラクションを受信するかを選択できます。

    • スクリプター > 発行されたスクリプト > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはスクリプトを見ることができます。

    • ボイスメール> ;ボイスメール> ;受信(オプション)

      この権限により、エージェントは個人のボイスメールを受信できます。

統合を実行するには、以下の項目が必要です。

  • インターネットブラウザ(Chrome、Firefox、インターネット エクスプローラ、Microsoft Edge、またはSafariの最新バージョン)。

    クライアントでWebRTC電話を使用するには、ブラウザのポップアップブロッカーをオフにしてください。

    注意:Internet Explorer、Microsoft Edge、およびSafariは、WebRTC電話または画面共有をサポートしません。

    Internet Explorerユーザー

    • あなたはthird-相手 or 参加者クッキーを有効にする必要があります。見る Internet Explorer設定 手順については、Salesforceドキュメントを参照してください。

    • 1つのブラウザタブで統合を実行するだけです。それ以外の場合は、関連付けおよびインタラクションログで予期しない結果が発生します。

    Salesforceブラウザの要件については、ついては、 すべてのブラウザに関する推奨事項と要件 Salesforceドキュメントにあります。

  • Salesforceライセンス。
  • PureCloud(Communicate以上)のユーザーごとのライセンス。
  • Salesforce統合用のアドオンライセンス。

    統合を使用するSalesforce組織ごとに、それぞれのユーザーに1つのアドオンライセンスが必要です。例えば、1 ユーザーのユーザーが Salesforce で統合を使用する組織に属している場合、そのユーザーは 1 件のアドオン ラインセンスが必要です。ユーザーが Salesforce で統合を使用する 2 つの組織に属している場合、そのユーザーは 2 件のアドオン ラインセンスが必要です。

  • Salesforceに設定された権限を通じて、以下のApexクラスに付与されたアクセス権。
    注意:これはWinter ’19以降の新しいSalesforce組織にのみ適用されます。既存のSalesforce組織のユーザーには警告が表示されますが影響はありません。詳細については、 Open CTIのApexクラスアクセスをご覧ください。
    • purecloud.CustomCallCenterSettings
    • purecloud.PureCloudChatTranscriptService

      チャット記録を保存する場合にのみ、このApexクラスへのアクセスが必要です。

    • purecloud.CTIContactSearchService

      連絡先検索を使用してSalesforceレコードを検索する場合にのみ、このApexクラスへのアクセスが必要です。詳細については、 Salesforceで検索を設定するをご覧ください。

  • PureCloud で以下の権限が各エージェントに対して選択されています:
    ノート
    • PureCloudでアクセス権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 統合は PureCloud でユーザーに割り当てられた役割ではなく権限を探します。権限により管理されている項目がエージェントに対してアクティブになっていない場合、エージェントの権限を確認します。

    • 統合 > Salesforce > エージェント 

      この権限があれば、クライアントがエージェントの Salesforce 組織に表示されます。

    • 自動呼分配(ACD)画面共有 > セッション > 表示(オプション)

      この許可により、エージェントはACD対話を画面共有することができます。

    • 分析 > 会話集計 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはエージェントパフォーマンスウィンドウで会話の統計を見ることができます。

    • アナリティクス > キュー監視 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントは、キューに連絡する前、または対話をキューに転送する前に、キューの統計を見ることができます。

    • アナリティクス > ユーザー集計 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントは[エージェントパフォーマンスウィンドウでユーザ統計を確認することができます。

    • 会話 > 通話 > 録音(オプション)

      この権限により、エージェントのクライアントの呼制御で[録音]アイコンがクリック可能になります。

    • [会話] > [着信の転送] > [編集](オプション)

      この権限はエージェントにコール転送を使用し、編集する機能を与えます。

    • 会話 > コールバック > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはコールバックをスケジュールすることができます。

    • 会話 > Eメール > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってEメールを送信することができます。

    • 会話 > メッセージ > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってSMSメッセージを送信することができます。

    • 発信 > 連絡先 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはアウトバウンドダイヤリングのためのスクリーンポップを見ることができます。

    • ルーティング > エージェント > オンキュー(オプション)

      この権限により、キュー上はエージェントのクライアントのステータスとして表示されます。

    • ルーティング > キュー > 結合(オプション)

      この権限があれば、エージェントはどのキューのメンバーであるかを見て、クライアントでどのキューからインタラクションを受信するかを選択できます。

    • スクリプター > 発行されたスクリプト > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはスクリプトを見ることができます。

    • ボイスメール> ;ボイスメール> ;受信(オプション)

      この権限により、エージェントは個人のボイスメールを受信できます。

統合を実行するには、以下の項目が必要です。

  • インターネットブラウザ(Chrome、Firefox、インターネット エクスプローラ、Microsoft Edge、またはSafariの最新バージョン)。

    クライアントでWebRTC電話を使用するには、ブラウザのポップアップブロッカーをオフにしてください。

    注意:Internet Explorer、Microsoft Edge、およびSafariは、WebRTC電話または画面共有をサポートしません。

    Internet Explorerユーザー

    • 1つのブラウザタブで統合を実行するだけです。それ以外の場合は、関連付けおよびインタラクションログで予期しない結果が発生します。

    Zendesk固有のブラウザ要件については、を参照してください。 Zendeskサポートシステム要件 Zendeskのドキュメントにあります。

  • Zendesk Talk Partner Editionを含むZendeskライセンス。

    Zendesk Talkのライセンスについては、 ZendeskのWebサイトをご覧ください。

  • PureCloud(Communicate以上)のユーザーごとのライセンス。
  • PureCloud で以下の権限が各エージェントに対して選択されています:
    ノート
    • PureCloudでアクセス権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 統合は PureCloud でユーザーに割り当てられた役割ではなく権限を探します。権限により管理されている項目がエージェントに対してアクティブになっていない場合、エージェントの権限を確認します。

    • 自動呼分配(ACD)画面共有 > セッション > 表示(オプション)

      この許可により、エージェントはACD対話を画面共有することができます。

    • 分析 > 会話集計 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはエージェントパフォーマンスウィンドウで会話の統計を見ることができます。

    • アナリティクス > キュー監視 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントは、キューに連絡する前、または対話をキューに転送する前に、キューの統計を見ることができます。

    • アナリティクス > ユーザー集計 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントは[エージェントパフォーマンスウィンドウでユーザ統計を確認することができます。

    • 会話 > 通話 > 録音(オプション)

      この権限により、エージェントのクライアントの呼制御で[録音]アイコンがクリック可能になります。

    • [会話] > [着信の転送] > [編集](オプション)

      この権限はエージェントにコール転送を使用し、編集する機能を与えます。

    • 会話 > コールバック > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはコールバックをスケジュールすることができます。

    • 会話 > Eメール > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってEメールを送信することができます。

    • 会話 > メッセージ > 作成(オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってSMSメッセージを送信することができます。

    • 発信 > 連絡先 > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはアウトバウンドダイヤリングのためのスクリーンポップを見ることができます。

    • ルーティング > エージェント > オンキュー(オプション)

      この権限により、キュー上はエージェントのクライアントのステータスとして表示されます。

    • ルーティング > キュー > 結合(オプション)

      この権限があれば、エージェントはどのキューのメンバーであるかを見て、クライアントでどのキューからインタラクションを受信するかを選択できます。

    • スクリプター > 発行されたスクリプト > 表示(オプション)

      この権限により、エージェントはスクリプトを見ることができます。

    • ボイスメール> ;ボイスメール> ;受信(オプション)

      この権限により、エージェントは個人のボイスメールを受信できます。

統合の詳細については、 約PureCloud ブラウザーの拡張機能、 PureCloud Embeddable FrameworkについてPureCloud for Salesforceについて、そして PureCloud for Zendeskについて