PureCloud組み込みクライアントの管理者要件


注意:この記事は、PureCloud埋め込みフレームワーク、Chrome用のPureCloud、Firefox用のPureCloud、PureCloud、およびSalesforce、およびPureCloud forXABYXZZZZZに適用されます。

注意:シングル サインオンを使用するには、シングル サインオン ID プロバイダーがシングル サインオン リダイレクト ウィンドウの組み込みを許可している必要があります。そうでない場合は、クライアントが読み込まれません。画面に空白エリアが表示され、コンソールにエラー メッセージが表示されます。

以下の内容は、Chrome用PureCloudおよびFirefox用PureCloudに適用されます。

拡張機能を実行するには、以下の項目が必要です。

  • ChromeまたはFirefoxの最新バージョン。
  • Chrome用PureCloudまたはFirefox用PureCloudのインストール。
  • PureCloud(Communicate以上)のユーザーごとのライセンス。
  • PureCloud選択された以下の権限。

    ノート
    • PureCloudでアクセス権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 統合は PureCloud でユーザーに割り当てられた役割ではなく権限を探します。権限によって制御されるアイテムがエージェントに対してアクティブでない場合、エージェントの権限を確認してください

    • ACDスクリーン共有 > セッション > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはACDインタラクションを共有できるようになります。

    • 分析 > 会話の集合 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは、エージェントパフォーマンスウィンドウで会話の統計情報を表示したり、ユーザーの受信トレイでリリースされた評価を表示したりできます。

    • 分析 > キュー観察 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは、キューに連絡する前、または対話をキューに転送する前に、キューの統計を見ることができます。

    • 分析 > ユーザー集合 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは[エージェントパフォーマンスウィンドウでユーザ統計を確認することができます。

    • コブローズ > チャット > エスカレート (オプション)

      これにより、エージェントはチャットの対話にコブラウズ 権限を使用できます。

    • コブローズ > セッション > 見る (オプション)

      この権限により、エージェントは音声またはチャットのやり取りにコブラウズ 権限を使用できます。

    • コブローズ > ボイス > エスカレート (オプション)

      これにより、エージェントは音声対話にコブラウズ 権限を使用できるようになります。

    • 会話 > コール > 記録 (オプション)

      この権限により、エージェントのクライアントのコールコントロールで録音アイコンがクリック可能になります。

    • 会話 > コール転送 > 編集 (オプション)

      この権限はエージェントにコール転送を使用し、編集する機能を与えます。

    • 会話 > 折り返し電話 > 作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはコールバックをスケジュールすることができます。

    • 会話>Eメール>作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってEメールを送信することができます。

    • 会話 > メッセージ > 作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってSMSメッセージを送信することができます。

    • アウトバウンド > 接触 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはアウトバウンドダイヤリングのためのスクリーンポップを見ることができます。

    • 品質 > 評価 > 編集 または 品質 > 評価 >スコアを編集 (オプション)

      これら2つの権限のいずれかにより、 品質評価者評価品質評価者は、ユーザー受信ボックスで割り当てられた評価通知を表示できます。

    • 品質 > 評価 > エージェントサインオフの編集 (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信トレイにリリースされた評価通知を表示できます。

    • 品質 > 評価 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信トレイにリリースされた評価通知を表示できます。

    • ルーティング > エージェント > 待機中 (オプション)

      この権限として表示されるようにキューに原因ステータスエージェントのクライアントで。

    • ルーティング > キュー > 参加する (オプション)

      この権限があれば、エージェントはどのキューのメンバーであるかを見て、クライアントでどのキューからインタラクションを受信するかを選択できます。

    • スクリプター > 公開されたスクリプト > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはスクリプトを見ることができます。

    • ボイスメール > ボイスメール > 受け取る (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信ボックスで個人のボイスメール通知を受信できます。

    • 人員管理 >エージェントスケジュール>表示 (オプション)

      この権限により、エージェントはクライアントでスケジュールを表示できます。

    • 人員管理 > エージェントシフトトレードリクエスト > 参加する (オプション)

      この権限により、エージェントは、ユーザーの受信トレイでシフトトレードリクエストの通知を表示できます。

    • 人員管理 > エージェントの時間切れリクエスト > 参加する (オプション)

      この権限により、エージェントはクライアントの休暇通知にアクセスできます。

    • 人員管理 > 交易要求 > 編集 (オプション)

      この権限により、管理者は、ユーザー受信ボックスでシフト取引通知を表示できます。

統合を実行するには、以下の項目が必要です。

  • インターネットブラウザー (クロム、Firefoxの、またはMicrosoftエッジの最新バージョン)。

    クライアントでWebRTC電話を使用するには、ブラウザのポップアップブロッカーをオフにしてください。

    注意:Microsoft Edgeは、WebRTC電話または画面共有をサポートしていません。
  • PureCloud(Communicate以上)のユーザーごとのライセンス。
  • PureCloud Embeddable Framework統合がインストールされています(プライベートバージョンのみ)。見る 統合を追加する
  • 必要なスコープを持つPureCloud組織に追加されたOAuthクライアント(一部のプライベートバージョンではオプション)。見る OAuthクライアントを作成する
    • チャット
    • 通知
    • 組織 :読み取り専用
    • 送信 :読み取り専用
    • presence
    • ルーティング :読み取り専用
    • スクリプト :読み取り専用
    • ステーション :読み取り専用
    • ユーザー-基本情報
    • ユーザー
    • ボイスメール
    • 要員管理
    • 外部連絡先 :読み取り専用
    • 品質 :読み取り専用
  • PureCloud選択された以下の権限。
    • 統合 > カスタム埋め込み可能フレームワーク > エージェント (プライベート展開に必要)

      この権限により、クライアントはPureCloud Embeddable Framework統合のプライベート展開に表示されます。

    • ACDスクリーン共有 > セッション > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはACDインタラクションを共有できるようになります。

    • 分析 > 会話の集合 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは、エージェントパフォーマンスウィンドウで会話の統計情報を表示したり、ユーザーの受信トレイでリリースされた評価を表示したりできます。

    • 分析 > キュー観察 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは、キューに連絡する前、または対話をキューに転送する前に、キューの統計を見ることができます。

    • 分析 > ユーザー集合 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは[エージェントパフォーマンスウィンドウでユーザ統計を確認することができます。

    • コブローズ > チャット > エスカレート (オプション)

      これにより、エージェントはチャットの対話にコブラウズ 権限を使用できます。

    • コブローズ > セッション > 見る (オプション)

      この権限により、エージェントは音声またはチャットのやり取りにコブラウズ 権限を使用できます。

    • コブローズ > ボイス > エスカレート (オプション)

      これにより、エージェントは音声対話にコブラウズ 権限を使用できるようになります。

    • 会話 > コール > 記録 (オプション)

      この権限により、エージェントのクライアントの呼制御で[録音]アイコンがクリック可能になります。

    • 会話 > コール転送 > 編集 (オプション)

      この権限はエージェントにコール転送を使用し、編集する機能を与えます。

    • 会話 > 折り返し電話 > 作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはコールバックをスケジュールすることができます。

    • 会話>Eメール>作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってEメールを送信することができます。

    • 会話 > メッセージ > 作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってSMSメッセージを送信することができます。

    • アウトバウンド > 接触 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはアウトバウンドダイヤリングのためのスクリーンポップを見ることができます。

    • 品質 > 評価 > 編集 または 品質 > 評価 > スコアを編集 (オプション)

      これら2つの権限のいずれかにより、 品質評価者評価品質評価者は、ユーザー受信ボックスで割り当てられた評価通知を表示できます。

    • 品質 > 評価 > エージェントサインオフの編集 (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信トレイにリリースされた評価通知を表示できます。

    • 品質 > 評価 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信トレイにリリースされた評価通知を表示できます。

    • ルーティング > エージェント > 待機中 (オプション)

      この権限により、キュー上はエージェントのクライアントのステータスとして表示されます。

    • ルーティング > キュー > 参加する (オプション)

      この権限があれば、エージェントはどのキューのメンバーであるかを見て、クライアントでどのキューからインタラクションを受信するかを選択できます。

    • スクリプター > 公開されたスクリプト > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはスクリプトを見ることができます。

    • ボイスメール > ボイスメール > 受け取る (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信ボックスで個人のボイスメール通知を受信できます。

    • 人員管理 >エージェントスケジュール>表示 (オプション)

      この権限により、エージェントはクライアントでスケジュールを表示できます。

    • 人員管理 > エージェントシフトトレードリクエスト > 参加する (オプション)

      この権限により、エージェントは、ユーザーの受信トレイでシフトトレードリクエストの通知を表示できます。

    • 人員管理 > エージェントの時間切れリクエスト > 参加する (オプション)

      この権限により、エージェントはクライアントの休暇通知にアクセスできます。

    • 人員管理 > 交易要求 > 編集 (オプション)

      この権限により、管理者は、ユーザー受信ボックスでシフト取引通知を表示できます。

統合を実行するには、以下の項目が必要です。

  • インターネットブラウザー (クロム、Firefoxの、またはMicrosoftエッジの最新バージョン)。

    クライアントでWebRTC電話を使用するには、ブラウザのポップアップブロッカーをオフにしてください。

    注意:Microsoft Edgeは、WebRTC電話または画面共有をサポートしていません。

    Salesforceブラウザの要件については、ついては、 すべてのブラウザに関する推奨事項と要件 Salesforceドキュメントにあります。

  • Salesforceライセンス。
  • PureCloud(Communicate以上)のユーザーごとのライセンス。
  • Salesforce統合用のアドオンライセンス。
  • Salesforceに設定された権限を通じて、以下のApexクラスに付与されたアクセス権。
    注意:これはWinter ’19以降の新しいSalesforce組織にのみ適用されます。既存のSalesforce組織のユーザーには警告が表示されますが影響はありません。詳細については、 Open CTIのApexクラスアクセスをご覧ください。
    • purecloud.CustomCallCenterSettings
    • purecloud.PureCloudChatTranscriptService

      チャット記録を保存する場合にのみ、このApexクラスへのアクセスが必要です。

    • purecloud.CTIContactSearchService

      連絡先検索を使用してSalesforceレコードを検索する場合にのみ、このApexクラスへのアクセスが必要です。詳細については、 Salesforceで検索を設定するをご覧ください。

    • purecloud.PCInteractionUtilityController

      Lightning ExperienceでPureCloudInteractionUtilityを使用する場合にのみ、このApexクラスへのアクセスが必要です。

      警告:起動 2020年06月05日、 Salesforceセキュリティ更新により、LightningコンポーネントのApexクラスへのアクセスが強制されます。権限セットを介してApexクラスへのアクセスを許可し、Lightning ExperienceでPureCloudInteractionUtilityを使用する管理者は、セキュリティ更新が行われる前にこのApexクラスを追加する必要があります。

  • PureCloud選択された以下の権限。
    ノート
    • PureCloudでアクセス権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 統合は PureCloud でユーザーに割り当てられた役割ではなく権限を探します。権限により管理されている項目がエージェントに対してアクティブになっていない場合、エージェントの権限を確認します。

    • 統合 > Salesforce > エージェント

      この権限があれば、クライアントがエージェントの Salesforce 組織に表示されます。

    • ACDスクリーン共有 > セッション > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはACDインタラクションを共有できるようになります。

    • 分析 > 会話の集合 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは、エージェントパフォーマンスウィンドウで会話の統計情報を表示したり、ユーザーの受信トレイでリリースされた評価を表示したりできます。

    • 分析 > キュー観察 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは、キューに連絡する前、または対話をキューに転送する前に、キューの統計を見ることができます。

    • 分析 > ユーザー集合 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは[エージェントパフォーマンスウィンドウでユーザ統計を確認することができます。

    • コブローズ > チャット > エスカレート (オプション)

      これにより、エージェントはチャットの対話にコブラウズ 権限を使用できます。

    • コブローズ > セッション > 見る (オプション)

      この権限により、エージェントは音声またはチャットのやり取りにコブラウズ 権限を使用できます。

    • コブローズ > ボイス > エスカレート (オプション)

      これにより、エージェントは音声対話にコブラウズ 権限を使用できるようになります。

    • 会話 > コール > 記録 (オプション)

      この権限により、エージェントのクライアントの呼制御で[録音]アイコンがクリック可能になります。

    • 会話 > コール転送 > 編集 (オプション)

      この権限はエージェントにコール転送を使用し、編集する機能を与えます。

    • 会話 > 折り返し電話 > 作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはコールバックをスケジュールすることができます。

    • 会話>Eメール>作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってEメールを送信することができます。

    • 会話 > メッセージ > 作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってSMSメッセージを送信することができます。

    • アウトバウンド > 接触 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはアウトバウンドダイヤリングのためのスクリーンポップを見ることができます。

    • 品質 > 評価 > 編集 または 品質 > 評価 > スコアを編集 (オプション)

      これら2つの権限のいずれかにより、 品質評価者評価品質評価者は、ユーザー受信ボックスで割り当てられた評価通知を表示できます。

    • 品質 > 評価 > エージェントサインオフの編集 (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信トレイにリリースされた評価通知を表示できます。

    • 品質 > 評価 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信トレイにリリースされた評価通知を表示できます。

    • ルーティング > エージェント > 待機中 (オプション)

      この権限により、キュー上はエージェントのクライアントのステータスとして表示されます。

    • ルーティング > キュー > 参加する (オプション)

      この権限があれば、エージェントはどのキューのメンバーであるかを見て、クライアントでどのキューからインタラクションを受信するかを選択できます。

    • スクリプター > 公開されたスクリプト > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはスクリプトを見ることができます。

    • ボイスメール > ボイスメール > 受け取る (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信ボックスで個人のボイスメール通知を受信できます。

    • 人員管理 >エージェントスケジュール>表示 (オプション)

      この権限により、エージェントはクライアントでスケジュールを表示できます。

    • 人員管理 > エージェントシフトトレードリクエスト > 参加する (オプション)

      この権限により、エージェントは、ユーザーの受信トレイでシフトトレードリクエストの通知を表示できます。

    • 人員管理 > エージェントの時間切れリクエスト > 参加する (オプション)

      この権限により、エージェントはクライアントの休暇通知にアクセスできます。

    • 人員管理 > 交易要求 > 編集 (オプション)

      この権限により、管理者は、ユーザー受信ボックスでシフト取引通知を表示できます。

統合を実行するには、以下の項目が必要です。

  • インターネットブラウザー (クロム、Firefoxの、またはMicrosoftエッジの最新バージョン)。

    クライアントでWebRTC電話を使用するには、ブラウザのポップアップブロッカーをオフにしてください。

    注意:Microsoft Edgeは、WebRTC電話または画面共有をサポートしていません。

    Zendesk固有のブラウザ要件については、を参照してください。 Zendeskサポートシステム要件 Zendeskのドキュメントにあります。

  • Zendesk Talk Partner Editionを含むZendeskライセンス。

    Zendesk Talkのライセンスについては、 ZendeskのWebサイトをご覧ください。

  • PureCloud(Communicate以上)のユーザーごとのライセンス。
  • PureCloud選択された以下の権限。

    ノート
    • PureCloudでアクセス権限にアクセスする場所に応じて、権限名はさまざまな形式で表示されます。
    • 統合は PureCloud でユーザーに割り当てられた役割ではなく権限を探します。権限によって制御されるアイテムがエージェントに対してアクティブでない場合、エージェントの権限を確認してください

    • ACDスクリーン共有 > セッション > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはACDインタラクションを共有できるようになります。

    • 分析 > 会話の集合 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは、エージェントパフォーマンスウィンドウで会話の統計情報を表示したり、ユーザーの受信トレイでリリースされた評価を表示したりできます。

    • 分析 > キュー観察 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは、キューに連絡する前、または対話をキューに転送する前に、キューの統計を見ることができます。

    • 分析 > ユーザー集合 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントは[エージェントパフォーマンスウィンドウでユーザ統計を確認することができます。

    • コブローズ > チャット > エスカレート (オプション)

      これにより、エージェントはチャットの対話にコブラウズ 権限を使用できます。

    • コブローズ > セッション > 見る (オプション)

      この権限により、エージェントは音声またはチャットのやり取りにコブラウズ 権限を使用できます。

    • コブローズ > ボイス > エスカレート (オプション)

      これにより、エージェントは音声対話にコブラウズ 権限を使用できるようになります。

    • 会話 > コール > 記録 (オプション)

      この権限により、エージェントのクライアントのコールコントロールで録音アイコンがクリック可能になります。

    • 会話 > コール転送 > 編集 (オプション)

      この権限はエージェントにコール転送を使用し、編集する機能を与えます。

    • 会話 > 折り返し電話 > 作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはコールバックをスケジュールすることができます。

    • 会話>Eメール>作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってEメールを送信することができます。

    • 会話 > メッセージ > 作成する (オプション)

      この権限により、エージェントはキューに代わってSMSメッセージを送信することができます。

    • アウトバウンド > 接触 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはアウトバウンドダイヤリングのためのスクリーンポップを見ることができます。

    • 品質 > 評価 > 編集 または 品質 > 評価 >スコアを編集 (オプション)

      これら2つの権限のいずれかにより、 品質評価者評価品質評価者は、ユーザー受信ボックスで割り当てられた評価通知を表示できます。

    • 品質 > 評価 > エージェントサインオフの編集 (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信トレイにリリースされた評価通知を表示できます。

    • 品質 > 評価 > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信トレイにリリースされた評価通知を表示できます。

    • ルーティング > エージェント > 待機中 (オプション)

      この権限として表示されるようにキューに原因ステータスエージェントのクライアントで。

    • ルーティング > キュー > 参加する (オプション)

      この権限があれば、エージェントはどのキューのメンバーであるかを見て、クライアントでどのキューからインタラクションを受信するかを選択できます。

    • スクリプター > 公開されたスクリプト > 表示する (オプション)

      この権限により、エージェントはスクリプトを見ることができます。

    • ボイスメール > ボイスメール > 受け取る (オプション)

      この権限により、エージェントはユーザーの受信ボックスで個人のボイスメール通知を受信できます。

    • 人員管理 >エージェントスケジュール>表示 (オプション)

      この権限により、エージェントはクライアントでスケジュールを表示できます。

    • 人員管理 > エージェントシフトトレードリクエスト > 参加する (オプション)

      この権限により、エージェントは、ユーザーの受信トレイでシフトトレードリクエストの通知を表示できます。

    • 人員管理 > エージェントの時間切れリクエスト > 参加する (オプション)

      この権限により、エージェントはクライアントの休暇通知にアクセスできます。

    • 人員管理 > 交易要求 > 編集 (オプション)

      この権限により、管理者は、ユーザー受信ボックスでシフト取引通知を表示できます。

統合の詳細については、 約PureCloud ブラウザーの拡張機能、 PureCloud Embeddable FrameworkについてPureCloud for Salesforceについて、そして PureCloud for Zendeskについて