タスクにSet Screen Pop dataアクションを追加する


このアクションはデータカテゴリで利用可能です タスクエディタのツールボックスSet Screen Pop dataアクションは、エージェントのワークステーションに自律的に表示されるダイアログボックスを設定し、すでに接続されているコール、またはエージェントの電話に同時に送信されたコールに関する情報を表示します。この情報は事前定義されたスクリプトから得られますが、コールフローに追加されるときArchitectの可変設定を必要とするかもしれません。

注意:[スクリーンポップの設定]データアクションからは、公開されたスクリプトのみを利用できます。詳細については、 スクリプトを公開する
  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. タスクエディタのツールボックスから、 フロー カテゴリをドラッグして スクリーンポップの設定 タスクシーケンス内の目的の場所へのアクション。
  5. の中に テキストボックスに、転送アクションのわかりやすい名前を入力します。この名前は、タスクワークフローの[スクリーンポップの設定]アクションの名前になります。
  6. の中に スクリーンポップスクリプト ボックスで、希望のスクリーンポップスクリプトの名前の入力を開始し、リストからそれを選択します。
  7. 選択したスクリプトに入力が含まれている場合は、各入力エディタのリテラルモードまたは式モードを使用して変数を定義します。
    注意:横の矢印をクリック 入力 変数のリストを展開または折りたたむには
  8. コールフロー設計に従ってタスクの構築を続けます。