グループをMicrosoft Exchangeと同期する

Bridge Platformを使用してGenesys CloudグループをMicrosoft Exchangeグループと同期します。 Genesys Cloudは、指定されたGenesys Cloudグループのメンバーシップリストを使用して、Microsoft Exchangeに配布リストを作成します。 次に、Genesys Cloudは、グループメンバーシップが変更されるたびにExchangeの配信リストを更新します。

前提条件

  • Microsoft Exchange 2010または2013。
  • Windows Management Framework 3.0がインストールされている必要があります(Server 2008のみ)。
  • Bridge サーバーは、Exchange Serverと同じドメインになければなりません。
  • Bridge サーバーは、Exchange Serverとは別のマシンにインストールする必要があります。
  • Bridge サーバーは、Exchangeサーバーに対する配布グループ特権を持つアカウントで実行されている必要があります。
    この前提条件は、あなたはコネクタ構成では、ユーザー名とパスワードを指定しない場合にのみ適用されます。
  • Exchange Server上のExchange配布グループ特権。 
  • Bridge サーバーの資格情報を使用していない場合は、Exchange Serverのログイン情報(UNC名、ユーザー名、およびパスワード)
  • ユーザーを更新する権限を持つGenesys Cloudユーザーのログイン情報。

また、Bridge サーバーが少なくとも1つインストールされていることを確認してください。 そうでなかったら、見なさい Bridge サーバーを取り付けます

手順

  1. Bridgeコネクタの認証情報を設定します。
  2. Bridge認証用のドメインアカウントを作成します。
  3. MS Exchange同期用のWindows Management Framework 3.0をインストールします。
  4. コネクタを追加してください。
  5. コネクタを設定します。
  6. コネクタのインスタンスを追加します。