タスクに Bridge の呼び出しアクション データ アクションを追加


機能廃止: Genesys橋の統合を延期廃止 スケジュール 、今別の橋の統合のために変化します。詳細については、 非推奨: PureCloud Bridgeの統合.

タスク内のCall Bridge Actionデータアクションを使用して、連絡先に関する特定の属性を取得します。 Bridge サーバー データベース。たとえば、名前、住所、連絡先番号、アカウント番号、アカウントのステータスなどです。

  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. 新しいタスクを追加するか、既存のタスクを選択してをクリックします。 クリックして開く。タスク エディターが開きます。
  4. タスクエディタのツールボックスから、 データ カテゴリをドラッグして Call Bridgeアクション タスクエディタで目的の場所に移動します。
  5. の中に  ボックス アクションのわかりやすい名前を入力してください。この名前は、タスクワークフローのCall Bridgeアクションの名前になります。
  6. クリック  カテゴリー ブリッジアクションを含むカテゴリをリストして選択します。
  7. クリック  ブリッジアクション 目的のブリッジアクションをリストして選択します。
  8. を選択 アクションの推奨タイムアウトを使用 チェックボックス ブリッジアクションに設定されているデフォルトのタイムアウトパラメータを使用します。または、それをクリアして独自のタイムアウトパラメータを定義します。
  9. 選択したブリッジアクションに応じて、定義します 入力 そして 出力 アクションが実行時に実行される変数。
    注意:横の矢印をクリック 入力 または アウトプット 変数のリストを展開または折りたたむには
  10. Call BridgeアクションのSuccess、Failure、およびTimeoutパスを含め、フロー設計ごとにタスクの構築を続けます。

各コネクタアクションに対して、コネクタはCRMから1つの検索結果を取得します。検索結果がないか複数の検索結果がある場合、コネクター アクションは Architect の Bridge の呼び出しアクションからの失敗経路を取り、CRM から情報を返しません。