新規インテント採掘機の追加

ボットでは、意図とは、パッケージの追跡やキャブの予約など、ユーザーが実行したい目標やタスクを指します。 ユーザーがボットと対話して、その意図を解決します。 

意図的な鉱山労働者は、特定の期間、エージェントと顧客間で履歴データ、特にチャット記録を検索します。 次に、インテントの上位セットとそれらのインテントを取り巻く分析を抽出します。 最後に、ボット構成へのインポートを可能にするためにシステムがそのインテントに関連付ける発話のリストを返します。 

新しいインテント マイナーを作成するときは、検索に含める会話の日付範囲を選択します。 鉱山労働者は、日付範囲内で発生するすべての会話を取得し、存在する主流の意図を推測します。 それから、鉱山労働者は顧客の発話を匿名化し、分析を計算し、結果をあなたに返す前に、発話と意図を関連付けます。

新しいマイニングセッションのインテントをマイニングすることを選択すると、進行状況バーがタイルに表示され、現在のマイニングステータスが表示されます。 採掘された会話の数は、採掘プロセスの長さに影響を与える可能性があります。 データソースとメディア時間によっては、最大数の会話のマイニングに最大24時間かかる場合があります。 この時間のほとんどは、会話のトランスクリプトのフェッチに費やされます。 完了すると、鉱山労働者は採掘された意図のリストを含みます。 これで、発掘された意図についての発話を選ぶことができます。

ステータス    説明
会話の取り込み システムは、指定された日付範囲内で会話をインポートしています。
マイニングの意図 どのマイニングセッションを選択するかによって、指定した日付範囲内の会話に含まれるインテントを検索しています。
マスキング発散音 このシステムは、個人データの編集プロセス中です。 たとえば、顧客名やアカウント情報などです。
コンピューティング分析 このシステムは、意図分析を計算しています。
マイニング完了 システムは適切な数の意図を正常に検出し、意図と発話をカスタマイズし始めることができます。
フェッチ エラー 会話の取得中にエラーが発生しました。 たとえば、指定した日付範囲内には会話が見つかりませんでした。 または、最低50件の会話が満たされなかった、または最低40件の有効または空でない会話が満たされなかった。 エラーの詳細を表示するには、[フェッチエラー]ステータスにカーソルを合わせます。
マイニング・エラー 意図のマイニング中にエラーが発生しました。 例えば、少なくとも20通の有効な意図的発話は、一連の会話全体において満たされなかった。
マスキングエラー 発話の匿名化中にエラーが発生しました。 通常は、マイニング・プロセスを再起動すると問題が解決されます。

新しいインテントマイナーを作成する

ArchitectのGenesys Dialog EngineボットフローまたはGenesys Digitalボットフローから直接インテント・マイナーにアクセスすることができます。 詳しくは、インテント マイナーにアクセスする をご覧ください。 また、外部ソースから.jsonファイルをインポートすることで、新しいインテント・マイナーを作成することができます。

この例では、ArchitectでGenesys Dialog Engine Bot Flowsから新しいインテントマイナーを作成する方法を示します。 Genesys Digital Bot Flowsでも手順は同じです。

画像をクリックして拡大します。

アーキテクトからインテント マイナーを作成する

画像をクリックして拡大します。

外部からマイナーを作成する

Genesys Dialog EngineボットフローまたはGenesys Digitalボットフローから新しいインテント・マイナーを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Architect で、新規または既存のArchitect ボットフローまたはデジタルボットフロー を開いてください。
  2. Insights and Optimizations の下で、Intent Miner をクリックします。
  3. Create New Miner をクリックします。 新規マイナーのページが表示されます。

    画像をクリックして拡大します。 新しいインテントマイナーを作成する
  4.  下 名前、マイナーのわかりやすい名前を追加します。
  5. 言語リストをクリックし、インテントのマイニングを行う言語を選択します。
    注意: 現在、インテントマイニングは次の方言をサポートしています。 en-US、en-AU、en-GB、en-IN、en-ZA、es-ES、およびes-US。
  6. Genesys Cloudからデータをマイニングするには、次の手順を実行します。
    1. データソース の下で、Genesys Cloud をクリックします。
    2. データ範囲 の下で、カレンダー を使用して、マイナがエージェントと顧客間の会話を採掘する日付範囲を選択します。
      注意: 会話の上限は30,000です。
    3. Media Type の下で、Chat またはCall transcripts を選択します。
    4. Queues リストをクリックし、トランスクリプトをマイニングするキューを最大5つまで選択します。 
       メモ:   キューを指定しない場合、システムはデフォルトですべてのキューを選択します。
  7. 別のソースからファイルをアップロードする、次の手順を実行します。 
    1. データソース の下で、外部ファイル をクリックします。
    2. ファイルのアップロード、 クリック クリックしてアップロード
    3. JSONファイルソースを選択してアップロードします。
      注意: あらかじめフォーマットされたテンプレートから会話データをダウンロードしてフォーマットするには、Example en-us JSON file またはdownload this example をクリックします。
  8. 確認するをクリック。

マイニングプロセスが開始され、[マイナーステータス]列に進行状況が通知されます。 エラーが発生した場合は、セッションを開き、エラーを確認して修正してから、セッションを再開できます。