データディップコネクタを追加する


注意:この記事は、Web サービス データ DIPコネクタに適用されます。

Web サービス データディップコネクターを使用するには、1つ以上のコネクターをPureCloud組織に追加します。複数のコネクタを使用すると、さまざまな構成を使用できます。

注意:初期セットアップ後の構成の変更には、コネクタの再起動が必要です。
  1. コネクターを追加します。
    1. PureCloudで、管理者をクリックします。
    2. 統合クリック Bridge
    3. クリック コネクタ タブ。

      インストールしたすべてのコネクタの一覧が表示されます。

    4. クリック コネクタを追加

      [新しいコネクタの追加]ダイアログボックスが表示されます。

    5. の中に 名前 ボックスに、コネクタグループの名前を入力します。

      名前にスペースを含めることはできませんが、ハイフンを含めることができます。この名前は グループ名コネクタを管理する ページ。

      固有の名前を使用してください。一意の名前は、1 つの別からコネクタの同じ種類の複数のコネクタのグループを区別します。たとえば、 Web サービス データディップコネクタ用に2つのコネクタグループを作成する場合、WebServicesDDGroup1とWebServicesDDGroup2という名前を付けます。

      同じコネクタタイプの複数のコネクタグループを使用できますが、サポートや販売など、組織のさまざまな部分に異なる構成を使用できます。必ず両方のコネクタグループのコネクタインスタンスを同じBridge サーバーにリンクしてください。

    6. の中に コネクタを選択してください ボックス、タイプ webservices-datadip またはリストから選択します。
    7. [保存]をクリックします。

    [コネクタの詳細]ページが表示されます。

  2. 構成プロパティを追加します。
    注意:これらの構成は、Webサービスの構成には影響しません。Webサービスを構成するには、webサービスサービス プロバイダーに問い合わせてください。
    1. コネクタの詳細 ページ、クリック 設定 タブ 。
    2. 以下の情報を入力してください。
      • PluginName:このコネクタ用に作成されたログファイルに付けられた一意の名前(webservices-datadipなど)。
        注意:同じBridge サーバー複数のコネクタインスタンスを実行する場合、PluginNameの値が各コネクタグループで一意であることを確認してください。PluginNameの値は、コネクタグループのログファイルを互いに区別します。
      • EndpointAddress:Webサービスのエンドポイントアドレス(https ://yoursite.com :12345/webservicesなど)。
      • ログレベル (オプション):コネクタのログレベル(たとえば、TRACE、DEBUG、INFO)。
    3. 保存して公開をクリックします。
  3. コネクタインスタンスを追加します。
    1. コネクタ詳細 タブをクリックします。
    2. インスタンスを追加をクリックします。
    3. サーバーを設定をクリックします。
    4. Bridge サーバーを選択して保存するをクリックします。
    5. 有効で、オフをクリックします。

      EnabledがONに変わり、Enable Connector Instanceダイアログボックスが表示されます。

    6. コネクタインスタンスを有効にする ダイアログボックスのはいをクリックします 。
    7. コネクタをオンにするには、 開始 下のボタン コントロール
    8. さらにインスタンスを作成するには、これらの手順を繰り返します。

      フォールトトレランスのためにBridge サーバーインスタンスを複数インストールした場合は、コネクタのインスタンスを追加します。詳細については、 耐障害性について

    注意:同じコネクタタイプの複数のコネクタグループを追加した場合は、コネクタグループ内のすべてのコネクタインスタンスを同じBridge サーバー必ずリンクしてください。
注意:PureCloudとそのコネクタへのアップグレードは定期的に行われます。Web サービス データディップコネクタの既存のバージョンを手動でアップグレードする必要があります。詳細については、 Bridgeコネクタをアップグレードする

次、 ブリッジアクションを追加する

コネクタの詳細については、 Web サービスについて データディップコネクタ。