コネクタ用のブリッジアクションを追加する


注意:この記事は、Web サービス データ DIPコネクタに適用されます。

Web サービス データディップコネクタを追加して開始した後、コネクタに関連付けられたブリッジアクションを使用する相互作用フローをArchitectで作成または更新できます。詳細については、 データディップコネクタを追加する

ブリッジアクションは、 デフォルトコネクタアクションまたはカスタムコネクタアクションのいずれかに関連付けられます。デフォルトコネクタアクションを使用して、アカウント、ケース、または連絡先に関する情報を取得します。設定、のCustomActionを選択することで、情報と対話するカスタムコネクタアクションを使用してエンドポイント 、および追加の要求と応答スキーマを。

  1. ブリッジアクションをコネクタグループに追加します。
    1. PureCloudで、管理者をクリックします。
    2. 統合クリック Bridge

      Manage Bridge Integrationsページが表示されます。

    3. クリック 行動 タブ 。
    4. クリック アクションを追加

    新しいブリッジアクションの追加ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. コネクタグループとコネクタアクションを選択します。

    の中に 新しいブリッジアクションを追加する ダイアログ ボックス 、次の手順を実行します。

    1. コネクタグループを選択、追加したWeb サービス データディップコネクタの名前を選択します。

      このコネクタグループのリストは、上のコネクタの名前と一致します コネクター タブ ブリッジ統合の管理 ページ。このリストでコネクタグループを選択すると、コネクタアクションがコネクタに関連付けられます。

    2. コネクタアクションの選択、コネクタグループで使用するデフォルトまたはカスタムコネクタアクションを選択します。

      デフォルトコネクタアクションは、サードからアカウント、例、または連絡先に関する情報を取得する相手のWebサービスを使用してシステムを。カスタムコネクタアクションでは、リクエストして作成することができ応答サードで情報をやりとりするためのスキーマ相手のWebサービスを使用してシステムを。

      この例では、 デフォルトコネクタアクションGetAccountByPhoneNumberを使用します。

    3. をクリックします。
  3. ブリッジアクションを識別します。
    1. 以下の情報を入力してください。
      • 名前:アクションの名前。

        名前にスペースや特殊文字を含めることはできませんが、ハイフンとアンダースコアを含めることができます。

      • 説明 (オプション):アクションの説明。
      • カテゴリー (オプション):アクションのカテゴリ名。

        カテゴリは、関連するブリッジアクションのグループの名前です。Architect でコールフローを作成する場合、カテゴリは、特定のグループの一部であるブリッジアクションを見つけるのに役立ちます。

      • ヘルプリンク (オプション):ブリッジアクションに関する内部サポートドキュメントへのリンク。
      • 推奨タイムアウト(ミリ秒) (オプション):アクションがタイムアウトするまでの時間。

        以下のため、このボックスを空白のままにデフォルト タイムアウト 5秒(= 5000ミリ秒)の。

    2. 選択する メタデータを統合する

      選択しない場合 メタデータを統合する、 Architectはブリッジアクションを使用できません。

    3. 保存するをクリックします。

    保存したブリッジアクションの[アクションの詳細]ページが表示されます。

  4. 要求と応答スキーマを変更します(カスタムコネクタアクションのみ)。

    カスタムコネクタアクションを使用するブリッジアクションの場合、 デフォルト要求および応答スキーマを変更します。スキーマを使用すると、Webサービスから要求および受信する情報を指定できます。

    キー
    $ schema 変えないで。デフォルト:「http ://json-schema.org/draft-04/schema#」。
    タイトル スキーマのタイトル。
    説明 スキーマの説明。
    タイプ 変えないで。デフォルト:「オブジェクト」。
    物性

    プロパティのオブジェクトの名前(リクエストスキーマの例のコード)は、あなたのコール フロー Architect入力]の下に表示されます。

    警告:ネストされたオブジェクトを使用しないでください。ネストされたオブジェクトを持つスキーマは正しくフラット化されません。

    {オブジェクト} プロパティオブジェクト。
    タイプ オブジェクトの種類。オブジェクト、null、ネストされた配列を除くすべてのJSONタイプをサポートします。
    説明 オブジェクトの説明。
    additionalProperties 変えないで。デフォルト:本当。
    注意:コネクターは有効なJSONスキーマでのみ機能し、スキーマに対する要求および応答ボディを検証しません。

    以下は、コードまたは文字列がコンテストで優勝したコードであるかどうかを確認するスキーマの例です。

    リクエストスキーマ

    {
       "$schema": "http://json-schema.org/draft-04/schema#",
       "title": "Code Request Schema",
       "description": "Schema to send a code for evaluation",
       "type": "object",
       "properties": {
          "Code": {
             "type": "string",
             "description": "Your entry code"
          }
       },
       "additionalProperties": true
    }
    

    応答スキーマ

    {
       "$schema": "http://json-schema.org/draft-04/schema#",
       "title": "Code Status Response Schema",
       "description": "The schema for the results of the code evaluation",
       "type": "object",
       "properties": {
          "status": {
             "type": "string",
             "description": "The status of your code"
          },
          "prize": {
             "type": "string",
             "description": "The prize won, if any"
             }
          },
         "additionalProperties": true
    }
    

    デフォルト要求および応答スキーマを変更した後、スキーマが正しくフラット化されるかどうかを確認します。メタデータの統合の横にあるプレビューボタン(目のアイコン)をクリックします。

    フラット化されたメタデータアイコンのプレビュー

  5. 構成プロパティを追加します(カスタムコネクタアクションのみ)。
    1. クリック 設定 [アクションの詳細]ページのタブ 。
    2. の値を追加 終点

      この値は、スキーマで使用するWebサービスのエンドポイントです。

      • http://またはhttps://で始まる絶対URLを追加すると、コネクタはこの完全なURLをエンドポイントとして使用します。
      • 相対パスを追加すると、コネクターはコネクター構成のEndpointAddressにエンドポイントを追加します。

      たとえば、入力した場合 /カスタム アクションのエンドポイントおよび https://www.acme.com/ コネクター構成のEndpointAddressの場合、コネクターは以下を使用します https://www.acme.com/カスタム as the エンドポイント 。

    3. [保存]をクリックします。
  6. ブリッジアクションを公開します。

    Architectでアクションを使用するには、をクリックします 公開する の下部に アクションの詳細 ページ。

    注意:クリックしたら 公開する、ブリッジアクションを変更できなくなりました。代わりに、この記事の手順に従って、ブリッジアクションを削除し、ブリッジアクションを追加する必要があります。コール フローで削除されたブリッジアクションを使用する場合、新しいブリッジアクションを使用するには、 Architect コール フロー更新する必要があります。詳細については、 ブリッジアクションを使用する

    画像をクリックして拡大します。

    Web サービス データ dipコネクターのアクション詳細ページ

これで、ブリッジアクションがコネクタに関連付けられ、 Architectで使用できるようになりArchitect 。

次、 Architectブリッジアクションを使用する

コネクタの詳細については、 Web サービスについて データディップコネクタ。