Web サービス データ ディップ コネクターについて


要素の廃止: 2021年01月01日 Genesys の開発は、サポート・サービスの規模縮小を開始し、最終顧客がコネクターから移行するにつれて未使用のコネクター・サービスを削除します。 また、Genesysは、営業時間外にコネクターを定期的に無効にします。 2021年初頭、Genesysは、2週間前に事前通知により、各コネクターを無効化するスケジュールを掲示します。 廃止および撤去プロセスにおけるGenesysの目標は、当社が顧客の事業に悪影響を及ぼさないようにすることです。 詳細については、以下を参照してください。 非推奨:Genesys Cloud Bridgeの統合.

Web サービス データディップコネクタを使用すると、Webサービスを使用して、デフォルトまたはカスタムのコネクタアクションで情報を取得するために、IVRをサードパーティーのシステムにディップできます。その後、この情報をコールフロー内で使用できます。

概要

Web サービス データ dipコネクタは、IVR ( 自動音声応答 )(IVR)システムを、作成したWebサービスと統合し、Web サービスを実装します。Webサービスは、CRM(Customer Relationship Management)データベースなどのデータを格納する、任意のサードパーティー製XZCXまたは 参加者システムを呼び出すことができます。


ウェブサービス

Webサービスを作成し、そのWebサービスを実装するためにWeb サービス データ dipコネクタAPIを使用します。私たちの c# web サービスのサンプルと c# についてのライブラリを参照します。


スタートする

要件を確認してください。Webサービスを作成して実装したら(「Webサービス」セクションを参照)、Bridge サーバーをインストールします。その後、コールフローで使用できるコネクタとブリッジアクションを追加します。


トラブルシューティング

Web サービス データ dipコネクタに関する問題については、ログファイルと個々の問題に関するトラブルシューティング情報を閲覧してください。