ユーザーデータの同期の概要


Bridge サーバーは、一連のプラグインまたはコネクタを使用してPureCloudユーザープロファイルとデータシステムの間で情報を同期できます。フィールドごとに、コネクターでどの情報をどの方向にコピーするかを指定するように設定できます。

例えば:

  • Active Directory コネクターを使って名前、タイトル、部門、マネージャー、勤務先電話番号、勤務先メールアドレスを同期します。
  • Microsoft Exchange コネクターを使って、グループ メンバーシップをメール配信リストと同期します。
  • SQL データベース コネクターを使ってセキュリティ バッジ ID を同期します。
  • Workdayコネクターを使って雇用日、従業員 ID 番号、緊急連絡先を同期します。

ユーザー データを同期 

プロファイル項目マッピング

Bridge サーバーは Collaborate のフィールドを御社のデータベースのフィールドに接続し、任意の方向にデータをコピーできます。データ同期コネクターはデフォルト設定がありますが、フィールド単位で同期を変更できます。データ項目ごとに、最終的なソースをどこにするかを決定できます。あなたの選択肢は次のとおりです。

  • ソースであり続けます。データ センターで継続的に管理するデータでは、データ システムで加えた変更はすべて PureCloud にコピーされ、Collaborate 側で加えた変更を上書きします。
  • PureCloudをソースにします。 PureCloudが維持するデータについては、 Collaborate ユーザーは自分のプロファイルを変更してデータシステムにコピーします。これにより、ユーザーは最新の情報を入手できます。
  • 両方をソースにしましょう。 データが双方向同期用に設定されている場合、システムとCollaborateの両方が相互にデータをコピーするため、どちらの場所でも更新を行うことができます。両方のソースで同時にデータが変更された場合に優先するデータ ソースを選択します。

下の図では、役職や部長などの一部のデータはカスタマーデータセンターで管理されていますが、個ユーザーユーザーの電子メールや住所などのその他のデータはCollaborateユーザーによって管理されています。

プロファイル フィールド マッピング

詳細についてはプロファイルフィールド同期スキームを作成するをご覧ください。

マルチ システムの同期

Bridge サーバーはまた、システムを互いに同期した状態に保つことができます。ユーザー事部は各従業員に対して 1 つのメールアドレスを持っており、Active Directory は別のメールアドレスを持っています。Bridge サーバーは、システムを整合し、各データ アイテムの確定的なソースを指定します。

マルチ システムの同期