Genesys DialogEngineのボットフローについて

Architect 内で Bot を構築し、それらを Architect のコール、チャット、およびメッセージ フローに統合します。 このプロセスは、管理者、フロー作成者、およびコンタクトセンターマネージャのボットとフローオーサリングのエクスペリエンスを統合します。 Genesysは、サードパーティのTTSエンジンをサポートしています。 Genesys Dialog Engine Bot Flows がサポートする言語については、Genesys Cloud supported languages をご覧ください。 PCI DSS 準拠の機能は何ですか? ベストプラクティスでは、Architectの安全なコールフローでそれらを使用しないことをお勧めします。 将来のリリースでは、GenesysDialogEngineのボットフローはPCIDSSに準拠する予定です。 PCI DDSについては、PCI DSS準拠 を参照してください。

Architect ダイアログ エンジンの Bot フローの機能と概念


Architect で Bot フローを作成する


Bot フローの設定とリソース


ボットフローのアクションとタスク


ボットフローでアーキテクトプロンプトを使用する

Architectで利用可能なプロンプトの種類、およびプロンプトリソースの設定、プロンプトの編集、プロンプトファイルの一括インポートなど、それらを追加および管理する方法について説明します。


Architectのボットフローを高度な機能で強化する


インテントマイナー

インテントマイナーは、チャット、メッセージ、音声のトランスクリプト、または録音を分析して、実際の発話を備えた顧客のインテントを決定します。これを改良およびカスタマイズして、新しいボットにインポートできます。 Intent Minerは、管理者とコンタクトセンターのマネージャーがカスタマーエクスペリエンスを向上させるデータを活用できるようにするボリューム分析を返します。


追加のリソース

より多くのリソースにアクセスして、Architect でボットとボット フローの設計と構築を支援します。